2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードでも税金は納税できるの?メリットや注意点を解説

法人税や消費税などの税金は法人カードで支払おう!

法人カードで納税はできるの?

「法人税や消費税などの税金って法人カードで払えるの?」
「法人カードの税金・納税・税務について教えて!」

法人カードを導入して間もない法人代表者や個人事業主の方のなかには、法人カードで税金を支払えるのか知りたい方もいるのではないでしょうか?

税金の支払いといえば、口座からの振替納税や現金での納付のイメージがあります。
しかし、税金の支払いを法人カードで行えたら手間が減り業務の効率化に繋がりますよね。

そこで今回は、法人カードで税金を支払う方法について解説します。

また、実際の法人カードによる納税手順や、法人カードで税金を支払うメリット、注意点なども同時に解説していますので、ぜひ最後までご覧ください!

税金は法人カードでも支払い可能!納税方法をご紹介

税金の支払いは、以前までは口座からの振替納税や現金での納付のみとなっていましたが、2017年1月から法人カードで税金の支払いが可能となりました。

どこで納税すればいいの?

納付受託者が運営する「国税クレジットカードお支払いサイト」にて納税が可能です。

納税できる税金の種類は?

納税できる税金の種類には、以下のようなものが挙げられます。

国税

所得税、消費税、法人税、相続税、源泉所得税

地方税

住民税、自動車税、固定資産税、個人事業税、都市計画税

など、さまざまな税金を納税することができます。

ただし自治体によっては、法人カードで支払いができる税金の種類が異なります。
そのため、法人カードで税金を支払う予定がある方は、事前に自治体に確認されるといいでしょう。

納税する期間は?

法人カードで納税する期間は、1年のうちに数回発生します。
その期間を逃さないよう、事前に確認しておきましょう!

法人
  • 法人税・・・決算終了後2カ月以内
  • 消費税・・・決算終了後2カ月以内
  • 中間申告・・・決算終了から半年経過した後、2カ月以内
個人事業主
  • 所得税・・・3月15日まで
  • 消費税・・・3月31日まで
  • 住民税・・・6月、8月、10月、翌年1月
  • 個人事業税・・・8月、11月
  • 予定納税・・・7月、11月
納税可能額はいくら?

法人カードでの納税可能額は、国税庁公式サイトによると「1度の手続につき、1,000万円未満、かつ、ご利用になるクレジットカードの決済可能額(ご利用限度枠)以下の金額(決済手数料含む)」と規定されています。

この金額以上の税額だった場合には、分割して支払えば大丈夫です。

具体的な手順について

では、実際に具体的な法人カードでの納税手順をご紹介します。

1.納付書を準備する

事前に届いている納税通知書を準備してください。

2.「国税クレジットカードお支払いサイト」にアクセス

国税クレジットカードお支払いサイト」にアクセスし、初めに注意事項を確認してください。

3.納税者情報の入力

納税者の会社情報を入力します。
個人事業主の場合は、自分の情報を入力してください。

入力する情報は以下の通りです。

  • 氏名漢字
  • 氏名カナ
  • 郵便番号
  • 都道府県市区町村
  • 番地
  • 建物名
  • 電話番号
  • 整理番号
  • 納付先税務署

なお、整理番号には納付書右上に記載されている番号を入力しましょう。

4.納付内容の入力

事前に準備しておいた納付書に記載してある内容を入力してください。
内容確認では、しっかりと金額が合っているか確認しておきましょう!

5.法人カード情報の入力

納税に使用する法人カード情報を入力します。
その後、納付手続き完了メールを受け取ったら手続き完了です。

どんなメリットがあるの?

法人カードで税金を支払うメリットは、やはり税務処理がカンタンに行えるという点が挙げられます。

現金で税金を支払う場合、税金の種類ごとに振込先や納付先など納付する期間もバラバラで、日頃の管理が大変です。

しかし税金を法人カード払いにすることで、「国税クレジットカードお支払いサイト」で支払いの手続きをするだけなので、カンタンに税務処理が行えます。
また、納付場所まで足を運ぶ手間もなくなり、時間も気にせず納付できます。

さらに、税金を支払うことによって、ポイントの還元も受けられるというメリットもありますので、ぜひ活用してみてください。

支払い手数料が発生するので注意!

法人カードで税金を支払うと沢山のメリットがありますが、少なからず注意点もあります。

法人カードで税金を支払う際の注意点は、手数料が掛かるということです。

法人カードで税金を支払うと、納付税額に応じた手数料が発生します。

金額は、1円~10,000円までが76円となっており、以降1万円ごとに76円が必要となります。
また、法人カードで税金を払うと領収書も発行されませんので、こちらも注意が必要です。

まとめ

今回は、法人カードの税金の支払いについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

法人カードで税金を支払う方法やメリット、注意点などについてお判りいただけたと思います。
これから法人カードを導入し、税金を「国税クレジットカードお支払いサイト」で支払う場合には、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね!

また、当サイトでは税金を支払う際にも便利な法人カードを豊富な種類ご紹介しています!
性能別に比較してご紹介しているので、法人カードを選ぶ際には参考にしてみてください。

法人カードを性能別に比較する

タイトルとURLをコピーしました