2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

UC一般法人カードの性能・付帯サービス・審査について解説

豊富なサービスが魅力!UC一般法人カードをご紹介!

「UC一般法人カードが気になっている」
「UC一般法人カードにはどんな特徴があるのか知りたい」

といったように、会社への法人カード導入を検討している法人代表者、個人事業主、社員の方のなかで、UC一般法人カードに興味を持たれている方はいらっしゃいますか?

UC一般法人カードは、日本の大手クレジットカード会社「クレディセゾン」が発行している法人カードです。

今回は、UC一般法人カードについて気になっている方のために、基本性能をはじめ、付帯サービスや特典、申込基準まで詳しく紹介します。
記事後半では、UC一般法人カードのお得なキャンペーン情報も掲載していますので、ぜひ最後までご覧ください!

まずは基本性能を見てみよう

カード名UC一般法人カード
券面
発行対象法人 / 個人事業主
国際ブランドVISA/MasterCard
年会費1,250円
利用限度額20~300万円
ポイントプログラム名永久不滅ポイント
ポイント還元率0.5% (1,000円毎に1ポイント)
ETCカード年会費・発行手数料無料

まず、UC一般法人カードの基本性能を紹介していきます。
年会費は1,250円(税抜)となっており、追加カード1枚ごとに同じ金額が加算されます。

国際ブランドは、「VISA」と「Mastercard」のどちらか一つを選択することができます。
海外に限らず国内でも使用できる場所が多いVISAとMastercardですから、ぜひ1枚は契約しておきたいところです。

ショッピングご利用可能枠は、最大で300万円までとなっていますので、安心してお支払いを済ませることができるでしょう。

ポイント還元率では、0.5%と一般的なクレジットカード水準となっていますが、UC一般法人カードのポイントは有効期限がありません

クレディセゾンが発行しているクレジットカードなので、セゾンカードと同じく永久不滅ポイントです。
基本的にクレジットカードのポイント有効期限は2年となりますが、UC一般法人カードでは有効期限がないので、ポイントを腐らせてしまう心配もありません。

社用経費の支払いで沢山のポイントが貯まり、ギフトカードやアイテムと交換することで経費削減に役立てることも可能です。

なお、社員用追加カードを利用すれば全てのカードのポイントが合算されるので、効率よくポイントを貯めていけることでしょう!

豊富な付帯サービスと会員限定の特典が魅力!

UC一般法人カードでは、以下のさまざまな付帯サービスや特典があります。

ETCカード

社用車が何台もある場合、ETCカードは必需品となります。

UC一般法人カードの年会費は無料となっており、99枚まで発行可能です。
従業員用や営業車の数だけETCカードを発行することができます。

利用料金は、法人カードの支払いに合算され、毎月10日締め翌月5日にまとめて一括で請求されます。
また、利用者ごとに明細管理もできるので、ぜひ活用してみてください。

tabiデスク

Tabiデスクとは、「クレディセゾン」が提供している海外旅行割引サービスです。

UC一般法人カードを利用することで、海外・国内パッケージツアーを最大8%OFFになるお得な特典。
お申し込みはインターネットから24時間365日可能となっており、必要なものは「パスポート」「UC一般法人カード」「Eメールアドレス」のみで利用できます。

もちろんtabiデスクの旅行代金は、永久不滅のUCポイントを利用可能となるので、経費削減にもつながります。

JAL Online

JAL Onlineとは、インターネット上で24時間365日、JAL国内航空券を手配することができるサービスです。

チケットレス・キャッシュレスで予約から発券、清算まで国内出張をサポートしてくれるのでぜひ活用してみてください!

スマホ・タブレット・携帯電話からも予約確認ができ、インターネット上で、空席確認・予約・予約変更が24時間365日いつでも行えるので、急な予定変更が発生しても安心です。

ANA@desk

ANA@deskとは、出張業務を最適化するANA国内線法人向けインターネット出張手配システムです。

お得な運賃であなたの出張コストをスリムにしてくれることでしょう!

また、出張費の立て替え不要で、搭乗月ごとに一括清算が行えます。
こちらもスマホ・タブレット・携帯電話からもアクセス可能となっています。

分からないことや何か問題が発生した場合には、ANA@desk専用お問い合わせ窓口「ANA@deskサポート」でしっかりフォローしてくれるので安心して利用可能です。

UC福利厚生サービス

UC福利厚生サービスとは、社員の方の福利厚生を会員様専用割引価格で提供されるサービスとなっています。

宿泊優待をはじめ、各種お祝い・支援制度により、従業員様および家族の皆様の豊かなくらしをサポートしてくれます。

スタートアップ企業や個人事業主の方でも申し込み可能!

UC一般法人カードの申し込み基準や必要書類、審査はどうなっているのでしょうか。

これらの項目を事前に把握しておくことで、UC一般法人カードの契約をスムーズに済ませることができます。

UC一般法人カードの申し込み基準では、「法人および個人事業主」となっています。

この基準以外は、特に条件の設定はありません。

そのため設立間もないスタートアップ企業や、個人事業主のお客様、上場企業の代表者でも幅広くお申し込み可能となっています。

ただ、創業して間もないスタートアップ企業であれば、事業計画書などを添付しておくと審査を有効に進めることができるでしょう。

お申し込み方法は、以下の手順で行ってください。

    1.公式サイトの申込ボタンをクリック
    2.必要事項を入力
    3.申込書類(PDFファイル)をダウンロード
    4.郵送

また、上記の申込書類の他にも必要な書類があります。

法人の場合では、「登記簿謄本」「登記事項証明書」「印鑑登録証明書」のいずれか1点を同封してください。
※発行日から6ヵ月以内の原本またはコピー

個人事業の場合では、「運転免許証」「運転経歴証明書」「各種健康保険証」「パスポート」などいずれか1点を同封してください。

UC一般法人カードのキャンペーン情報

UC一般法人カードでは、新規のお客様に限り期間限定で入会キャンペーンを行っています。

対象期間は2019年5月7日~2019年12月31日までとなっており、この期間内にカードを発行することでUCギフトカードをもれなく3,000円分プレゼントしています。

新規入会後は3カ月を目処に、カード発行会社に登録のお届け先へ送られます。

さらに、上記入会法人会員様のうち、対象期間のショッピングご利用金額が50万円以上の法人会員様にはボーナスポイントをプレゼント!

ボーナスポイントは1,000ポイント(約5,000円相当)となっています。
プレゼントの確認方法は、ショッピングご利用金額50万円(税込)を達成の約3ヵ月後に「カードご利用明細書」で確認することができます。

ぜひこの機会に、UC一般法人カードを契約されてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました