2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

中小企業が選ぶならこれ!法人カード比較ランキングベスト5

中小企業向け法人カードランキングをご紹介!

法人カードランキング

「中小企業向けの法人カードをランキングで比較したい!」

このように、中小企業の代表者の方のなかには、法人カード選びで迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
中小企業に法人カードを導入すると、業務上のさまざまな恩恵を受けることができます。

そこで今回は、中小企業の方におすすめの法人カードをランキング形式でご紹介していきます。

また、ランキングの他にも、中小企業が法人カードを持つメリットや、法人カードを選ぶコツ、審査に関しても解説していきますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

さっそく下記から、ランキングベスト5をご紹介していきます!

ランキングBEST5はこちら!

中小企業向け法人カードランキング1位

中小企業向け法人カードランキング1位は、大手信販会社オリエントコーポレーションが発行する「オリコEX Gold for Biz」です。

こちらの法人カードは、 法人代表者向けのカード「M」が用意されていて、年会費が2,000円と非常に高いコスパで導入できます。

また、この法人カードはポイント還元率が高いことでも有名で、なんとポイント還元率は最大1.1%までアップ!
これは法人カードのなかでも、最高レベルで通常のものと比較すると2倍以上の還元が受けられることを意味します。

国際ブランドは、「Mastercard」「VISA」のどちらか一つを選択することが可能。
どちらのブランドを選んでも、豊富なビジネスサポートサービスが受けられるのが魅力です!

なかでも、MasterCardに付帯される「招待日和」は、全国各地のレストランで1名様分無料になるといったお得なサービス内容となっています。
こちらのサービスは通常ですと年会費38,880円が掛かるので、非常にお得です!

さらに、審査通過率も高いと口コミで評判の法人カードとなっているため、設立間もないお客様で審査が不安といった中小企業の方にもおすすめです。

法人カード選びに迷っている中小企業の方は、ランキング1位のオリコEXGold for Bizを検討してみてはいかがでしょう?

クイック申し込み

中小企業向け法人カードランキング2位

中小企業向け法人カードランランキング2位は、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」は、日本のクレジットカード会社であるクレディセゾンが発行している法人カードです。

こちらはセゾンカードとアメックスカードが提携して発行している法人カードで、セゾンアメックスの最上位カードとなっています。

最短3日で発行が可能なので、急ぎで導入したいといった中小企業の方にもおすすめ!

さらにプラチナランクというステータスを持つにも関わらず、年会費が20,000円と安めとなっています。
しかも、200万円の利用で次年度半額となるコスパが魅力のプラチナ法人カードです。

また、JALマイル還元率も最高1.125%と高く、「プライオリティパス」や「コンシェルジュデスク」も付帯しているため、飛行機を利用して海外にいく機会が多い方にはぴったり。

プラチナランクの高級サービスを低年会費で利用したいという中小企業の方は、ぜひこの機会にランキング2位のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスをご検討ください。

クイック申し込み

中小企業向け法人カードランキング3位

中小企業向け法人カードランランキング3位は、「JCB一般法人カード」です。

日本唯一の国際ブランド「JCB」が発行するJCB一般法人カードは、中小企業にもおすすめの一枚となっています。

こちらの法人カードは、年会費が1,250円と安く、「コストを抑えて法人カードを導入したい」という中小企業の方にはピッタリ!
さらに、WEB上で申し込みをすると初年度年会費が無料になるので、まずは1年お試しで利用ができます。

また、JCB一般法人カードは低年会費でありながら、同ランクの法人カードよりも保険の内容も充実!
実際の旅行傷害保険の補償額は、国内・海外ともに最高3,000万円までとなっており、一般ランクの中では最も高額な内容となっています。

ポイント還元率も最大0.75%と高めの水準なので、ポイントを活用した経費削減をお考えの中小企業にも大変おすすめの1枚です!

この他にも、仕事に役立つビジネスサポートサービスが特別料金で利用できるので、中小企業の方のビジネスの効率化を図ることもできるでしょう。

保険サービスに加え、高い還元のポイントサービス、低年会費などメリットが多い法人カードなので、中小企業の方におすすめです!

クイック申し込み

4位

中小企業向け法人カードランランキング4位の「三井住友クラシックforOwners」をご紹介します。

三井住友クラシックforOwnersは、信頼性が高い「三井住友カード」が発行している法人カードとなります。

こちらの法人カードは中小企業に人気の1枚となっており、経費管理やキャッシュフローの改善に役立ちます。

一般ランクでは珍しくキャッシング機能もついていますので、ちょっと現金が必要になったときでも便利です。

また、保険サービスも付帯していて、海外は最高2,000万円まで補償と安心できるものとなっています。

しかも、年会費は1,250円と安く、追加カードに関しては年間400円できるので従業員に配る際にもおすすめな法人カードです!

登記簿謄本や決裁書も不要でカンタンにお申し込みできるので、「今すぐ法人カードを導入したい!」「わずらわしい手続きはこりごり…」といった中小企業の代表者の方にもおすすめです。

クイック申し込み

5位

中小企業向け法人カードランランキング5位は「アメックス・ビジネスゴールド」です!

こちらは圧倒的なブランド力を誇る「アメリカン・エキスプレス」が発行するゴールドランクの法人カードとなっています。
国内外問わず通用する高いステータス性を持ち合わせている法人カードです。

さらに、ビジネスサポートが充実しているため、中小企業のお仕事にも役立つことでしょう。

ビジネスサポートの内容は、大切な取引先様に喜んでいただける商談・接待のサポートや、カード会員様限定イベント、福利厚生や無料電話健康相談、調査・コンサルティングまで、ビジネスに役立つものばかりです。

また、出張に関するサービスでは、国内外のビジネストラベルを強力にサポートしています。
内容は、空港ラウンジのご利用や、手厚い旅行傷害保険など、さまざまな特典をご利用いただけます。

ステータスが高く豊富なサービスが付帯しているアメックス・ビジネスゴールドですが、審査通過率が高めになっていますので、審査に不安を抱えている中小企業の方は一度申し込みをしてみてはいかがでしょう?

クイック申し込み

中小企業が法人カードを持つメリットとは

中小企業が導入するメリットとは

中小企業向けの法人カードランキングを1位から5位までご紹介しました。
そして、この見出しではランキングを見たうえで、中小企業が法人カードを導入するとどんなメリットがあるのか、改めて紹介していきます。

まず、中小企業が法人カードを導入することで、業務の改善化を図ることができるでしょう。

従業員を抱えている中小企業であれば、経費の支払いの立て替えや、その後の経費精算などの手間が多く発生するかと思います。
そこで、法人カードを導入することで、その手間が改善!

支払いの引き落とし口座を1つにまとめることができるので、経費管理が楽にできるのがメリットとなります。

また、仮払いや立て替えの必要もありませんので、従業員の負担も省くことも可能です。

さらに法人カードを導入することで、現金払いでは貯められなかったポイントやマイルを貯めることができます。
貯めたポイントやマイルは、豊富な商品や航空券に交換できるので、経費削減に繋がるのも大きなメリットと言えるでしょう!

他にも、法人カードはキャッシュフローの改善や、福利厚生の充実など、中小企業にとってざまざまなメリットがあります。
なので、中小企業の方は、ぜひ事業に合ったぴったりの一枚を導入していくことをおすすめします。

中小企業向けの法人カードを選ぶコツ

法人カードを選ぶコツ

中小企業の方のなかには、「どの法人カードを選べば良いか、よく分からない…」という方もいらっしゃるかと思います。
そこでこの見出しでは、中小企業の方が法人カードを選ぶコツについて解説していきます!

まず、中小企業の方が最適な一枚を選ぶ際は「法人カードにどんな性能を求めるか」というのを検討しましょう。
求める性能は、事業内容や目的によって異なりますが、

  • 年会費の金額
  • ポイント還元率
  • ステータス性の高さ
  • 付帯サービス
  • 追加カードの性能
  • 審査の通りやすさ

上記のような、性能のなかから選び、比較してみると良いでしょう。
これらの項目に注目して選ぶことで、中小企業に合った最適な一枚を見つけ出すことができます!

特に中小企業であれば、ビジネスに関する付帯サービスが優れているものを選択するのがおすすめです。
豊富なビジネスサービスが付帯している法人カードを選ぶことで、業務をいままで以上に効率できるでしょう。

中小企業向け法人カードの審査

審査について

中小企業向け法人カードの審査ですが、基本的に個人向けのクレジットカードよりも厳しいといわれています。

個人向けのクレジットカードであれば、あなたの信用情報のみでの審査となります。
一方で、中小企業の場合には、代表者の信用情報会社の信用情報も含めて審査が行われます。

そのため、中小企業の方は、設立年数や業績なども気を付けておく必要があります。
基本的に法人カードの審査基準ブラックボックスですが、口コミなどの情報によると「設立から3年以上、黒字決算2期以上」だと審査に通りやすいと言われています。

とはいえ、中小企業でこの条件を必ず満たしていないと法人カードの発行ができないという訳でははありません。

審査に不安を抱える中小企業の方は、ランキングのなかでもご紹介しているような審査に通りやすい」という口コミが多い法人カードを選ぶと良いでしょう。

あなたの会社に最適の1枚は見つかりましたか?

今回は、中小企業に向けた法人カードのランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ランキングでご紹介した法人カードには、それぞれメリットが存在し、優れたサービスがありましたね。

そしてランキング下で紹介した、メリットや、選ぶコツ、審査に関しての情報も参考にして、あなたに合った一枚を選んでみてくださいね!

そしてもし、ランキングを見ても選びきれなかった場合は、もう少し範囲を広げて選んでみてはいかがでしょうか?

事業に最適な法人カードは、その企業ごとに異なります。
範囲を広げて性能を比較することによって、あなたの求める一枚が見つかるはずです!

下記のランキングページでは、さまざまな性能を持つ法人カードをご紹介中です。
こちらのランキングページもぜひ参考にして、より最適な法人カードを選んでいきましょう。

法人カード比較ランキング

タイトルとURLをコピーしました