2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードの作り方が知りたい!手順から審査のポイントまでご紹介

法人カードの作り方!申請の流れから審査のポイントを解説

法人カードの作り方

「ビジネス上の経費精算に便利な法人カードを導入したい!」

そう思って、法人カードを作ることを検討されてる経営者の方も多くいらっしゃると思います。
法人カードは経費管理の簡略化・効率化に大きく役立つツール。

しかし、実際に法人カードの申し込みを行う際、

「法人カードの作り方が分からない…」
「申し込むみの書類には何が必要なんだろう?」

など、法人カードの作り方に関して不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

今まで法人カードを作ったことがない方は、個人のクレジットカードの作り方と何が違うのか疑問に思いますよね。

そこでこの記事では、法人カードの作り方で確認しなければいけないことは何か、そして申し込む際の必要書類、さらに審査に通りやすくする方法まで、徹底解説します。

法人カードをの作り方が分かることで、申し込みの際の不安も解消されるので、最後までご一読ください!

申し込み前に種類を確認しましょう

法人カードの作り方と種類

まずは、申請する法人カードの種類を確認してください。
法人カードの種類は、大きく3種類あります。

  • 個人事業主向けのビジネスカード
  • 中小企業向けビジネスカード
  • 大企業向けコーポレートカード

個人事業主の方が法人向けのビジネスカードには申請できませんし、逆もしかりで大企業向けの法人カードに個人事業主は申し込みができません。

なので、申し込む際は法人カードの種類をしっかり確認しましょう。

法人カードの種類が決まったら、申請する法人カードのランクを決めましょう。
法人カードには、

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード

の3つのランクがあります。

法人カードに余計な機能はいらないという方は一般ランクで十分ですが、海外出張や接待で利用することが多い方は、出張サービスが充実しているゴールドランクやプラチナランクがおすすめです。

また、法人カードに求める性能を比較して申し込みをする法人カードを決めましょう。

  • 年会費
  • 還元率
  • 利用限度額
  • 付帯サービス

この4つを比較すると良いでしょう。
法人カードは自分にあったニーズや用途を比較して、最適な一枚を選ぶことが重要です。

法人カードの作り方の流れを解説

法人カードの作り方の流れ

ではいよいよ、法人カードの作り方について解説します。
法人カードの作り方は、下記の4つがあります。

  • 公式サイトからのオンライン申請
  • 書類の郵送
  • 店頭での申し込み
  • 電話での申し込み

おすすめは、公式サイトからのオンライン申請する作り方です。
オンライン申請は、法人カードによってお得な特典が受けられることがあります

オンライン申請を例に作り方の流れを説明します。

  • オンライン申込フォームに入力
  • 申込書、必要書類郵送
  • 入会審査
  • カード発行
  • カード到着

カード会社によって多少の作り方の違いはありますが、大まかな作り方の流れは上記の通りです。

法人カードはクレジットカードと違い、即日発行されるものは少なく申請から発行までは約3〜4週間位の期間が掛かると見ていたほうが良いでしょう。

申し込み時の必要書類

法人カードの作り方と必要書類

法人カードを作る際は、以下の書類を準備する必要があります。

  • 6ヶ月以内に発行された登記簿謄本(または印鑑証明書)
  • 代表者の本人確認書類のコピー(運転免許証、パスポートなど)
  • 引き落とし先の銀行口座

登記簿謄本は所轄の法務局で1通600円で取得することができます。

印鑑証明書を代わりに提出することもできますが、定款や事業報告書など業務内容に関する書類の提出を求められるので、なるべく登記簿謄本を提出しましょう。

また銀行口座は、企業・法人の場合は法人名義の口座、個人事業主は個人名義の口座を事前に準備しておきましょう。

審査で見られるところは?

法人カードの作り方は簡単だが、審査が厳しい?

申請する法人カードを決め、必要な書類を揃えて申請しても、審査に通らなければ法人カードを手にすることができません。

ここでは、法人カードを作る上でスムーズに審査通過するために気をつけたいポイントについてご紹介します。

法人カードの審査は、個人のクレジットカードのと比べると審査が厳しい傾向にあると言われています。
それは、法人カードの申請者のみならず、会社の信用情報も審査では重要視されているからです。

まず、法人カードの申し込みをした段階で設立から間もないと、審査でも不利になるようです。
設立から3年以上経過していると、審査通過する可能性が高いと言われていますが、カード会社によっては1年目でも通ったという事例も多くあります。

さらに審査で重要視されるのが、経営状況が黒字であるということです。
個人のクレジットカードの審査でも、個人の年収や他社の借入状況が審査で考慮されるように、法人の場合なら黒字決算で安定した財務状況であることが重要です。

赤字決算が続くような経営状況だと、返済能力があると判断されずに審査通過する可能性は低くなります。

もちろん、代表者個人の信用情報も重要です。
代表者に支払い遅延があったり、ブラックリストに載っていたりすると、法人の財務状況に問題がなかったとしても審査の通過は難しくなります。

また、営業実態を確認しやすくしておくとよいです。
具体的には、下記の対策が有効だと言われています。

  • 事務所を構える
  • 固定電話を引く
  • ホームページを開設する

事務所や固定電話以外にも、ホームページを作成し業務内容や実績を紹介しておくと信頼性が増すと言われています。

まとめ

作り方のまとめ

法人カードの作り方について解説しました。

法人カードを作る際は、個人のクレジットカードよりも審査で重要視される項目が多いため、審査が厳しいと思われる方も多いかと思います。

しかし、あらかじめ作り方を理解し、審査のポイントを抑えて申し込みを行えば審査に通る可能性があります。

審査チェックポイント
  • 安定した収益を確保しているか
  • 間違いなく営業実態があるか
  • 今後も変わらず安定経営を続けられるか
  • 代表者個人の信用情報に傷がついていないか

業務の効率化にとても役に立つ法人カード、あなたの目的にあったものを選んでみてください。
また、当サイトでは目的別に法人カードを比較しランキングでご紹介中です。

法人カード選びに迷う方は、ぜひそちらも参考にしてください。

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました