2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードの賢い使い方!利用用途や付帯サービスについて

法人カードのお得な使い方を解説!なぜビジネスを効率化できる?

法人カードの使い方

「法人カードやビジネスカードなど…よく耳にはするけど何がそんなに便利なの?」
「法人カードはどのような使い方があるの?」

今まで、法人カードを導入されたことがない法人代表者の方や個人事業主の方でしたら、そのような疑問を持つかと思います。

ですが法人カードは、本当にお得で便利です。
法人カードを上手い使い方で活用することによって、経費精算の煩雑さや面倒がなくなり、人件費や経費そのものの削減にもつながって、間違いなく業務が効率化されることでしょう。

このページでは、今まで法人カードを使ったことがなかったという方に向けて、法人カードの賢い使い方について解説していきます。
法人カードの使い方が気になる方は、ぜひ最後までご一読ください!

法人カードを使うメリットとは?

法人カードのメリットと使い方について

非常に簡単に言ってしまうと、法人カードは「ビジネスの効率化を図るアイテム」です。
会社の必要経費をカード払いできるだけでなく、使い方によっては多方面で様々なメリットがあります。

現金での経費支払であれば、レシートや領収書を会計ソフトに手作業で入力するという作業があります。
これが法人カードの支払いであれば、オンライン上のデータで管理できるので、手間と人件費が激減できるのです。

また、法人カードの支払口座を会社名義の銀行口座に指定できるので、経費決済の一本化を図ることもできます。

さらに法人カードは、事業の効率化に貢献する付帯サービスを、優待価格で利用することが可能!
ポイントを貯めて経費削減する使い方のもでき、豊富なメリットが揃っています!

法人カードの使い方!詳しく解説します

法人カードのメリットについて分かったところで、法人カードの賢い使い方について、更に詳しく解説します!

公共料金など経費決済に利用できます

使い方1:公共料金

まず法人カードの使い方の一つとして、公共料金などの経費の支払いがあります。
毎月支払いが必要となる家賃や、光熱費の支払いなどの大きい支払いに法人カードを利用すれば、毎月ポイントをお得に貯めることができ非常にお得です。

こういった支払いは毎月必ず必要になるものなので、振り込みや引き落としにするより手数料も掛からず、手間も掛からないので、法人カードを導入する際はぜひ活用したい使い方になります。

出張に使えば特にお得!ラウンジ利用や付帯保険など

使い方2:出張時
出張時の利用にも、法人カードは利便性を最大限に発揮できます。

まず、法人カードで出張の費用を支払えば、社員が立て替えを行う必要がなくなります。
そして車移動が多い方の場合ETCカードの追加発行を行えば、高速道路などの有料道路の利用もスムーズに!

また、ゴールドカード以上のランクですと、空港ラウンジが無料利用できる法人カードもあります。
それに加えて、サポートデスクコンシェルジュサービスが付帯された法人カードでしたら、海外でも日本語でレストランやゴルフ場の予約をお願いしたり、旅先の情報を教えてくれたりと非常に便利です。

さらに、旅行傷害保険が付帯されている法人カードでしたら、出張中のケガや病気、さらに所持品の盗難や破損などにも、保険が適用され安心して出張に行くことができますね!

追加カードでポイントがさらに貯まる!

使い方3:ポイントを貯める
法人カードは、追加カードを発行することができます。
追加カードは、いわば「法人カードのクローン」です。
法人代表者以外の社員に、同じ法人カードを持たせることができます。

追加カードが発行できる枚数はカード発行会社によって違いますが、どのカードがいくら決済されたのかカードごとに記録されるようになっています。

なので、追加カードを持っている社員が使った経費は、立て替えの面倒がないのです。

また追加カードを発行すると、ポイントを貯めるのも非常に有利です。
すべての追加カードのポイントはメインの法人カードに自動で集められるので、代表者のみ法人カードを所持するよりも、はるかにポイントが貯めやすくなります。

ただし、追加カードの使い方には注意点があります。
それは、追加カードを所持する社員のプライベート利用や使いすぎといった不正です。

不正を防ぐためにも、追加カードを所持する社員が扱いに困らないためにも、カードを管理する上でのしっかりとしたルール作りをすることが重要になってきます。

付帯サービスを最大限利用してビジネスの効率化を!

使い方4:付帯サービスを利用する
法人カードの賢い使い方として「付帯サービスの利用」があります。

法人カードの付帯サービスは、さらにビジネスの効率化に役立ってくれます。

法人カードには、個人向けのクレジットカードにはない「ビジネスサポートサービス」が付帯されています。
たとえば、経営の相談に乗ってくれるビジネスコンサルティングサービスや、会計ソフトの無料提供、ホテルのミーティングルームの無料利用など多岐に渡ります。

こういったビジネスサポートサービスを利用することにより、経費簡略化以外にもさまざまなビジネスシーンで役立つことでしょう。

まとめ

法人カードの使い方んついてご紹介しました。

法人カードの利用目的は、主に経費管理の一元化です。
経費の支払いを法人カードの支払口座に統一することで、経費管理が格段に楽になります。

現金の場合に必要な経費の立て替え処理など、煩雑な経費精算がなくなり、作業の効率化や人件費の削減にも繋がります。

またポイントや保険などの付帯サービスも利用することができ、さらにビジネスの効率化にも役立ちます。
年会費やポイントの還元率など、法人カードによってサービスはさまざまですが、ご自分にあった法人カードを見つけてぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

下記のページでは、あなたに合った法人カードを選ぶ際に役立つ「比較ランキング」を掲載中です。
法人カードをさまざまな項目で比較しているので、ぜひチェックしてみてください!

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました