2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードの使いまわしは絶対ダメ!複数人で利用する方法をご紹介

法人カードの使いまわしは規約違反!

法人カードの使いまわしについてご説明させていただきます!

法人カードには年会費が掛かりますし、発行手続きが大変なため、1枚を使いまわしできればと思いますよね?

しかし、複数人での使いまわしは、法人カードを持つうえでやってはいけない行為。
利用規約により法人カードの使いまわし禁止されているので、場合によっては契約を切られてしまう可能性もあります!

そこで今回は、法人カードを使わましせずに複数人で使う方法をご紹介。
法人カードを正しく利用するためにも、複数人での利用方法を抑えておきましょう!

追加カードの発行で複数人でも利用可能に!

法人カードはその使用者以外利用を禁止しているので、1枚を使いまわしすることはできません。

では、どんな方法を取れば法人カードを使いまわしせずに複数人で使えるのかと言うと、追加カードを発行することが最善の策になると思います。

追加カードとは、引き落とし先が法人カードと同じものを追加で発行できるカード。
言わば法人カードの分身となり得るものです。

追加カードは、使用者を新たに決められるので、引き落とし先を変えずに複数枚発行可能!
そのため、1枚の法人カードを使いまわしすることなく、複数人で利用できます。

しかも追加カードは、基本的におおもとの法人カードより年会費が低く設定されています!
さらに、法人カードの発行時と異なり審査がないので、手続きに多くの労力を使うこともありません。

法人カードを使いまわし、発行会社に発覚した時を想定すると、複数人での利用は追加カードで解決することをおすすめします。

別のカードを発行するのも1つの手

実は、法人カードの使いまわしを避ける方法はもう1つあります。

それは、新たな法人カードの発行
そうすることで、法人カード1枚を使いまわしする必要はなくなります!

法人カードの中には、年会費が安いものやポイントが貯まりやすいものもあるので、用途ごとに使い分けることでお得に使えるというメリットもあります。

もし、新たに法人カードを発行したい方は、当サイトの比較ランキングをぜひご覧ください!
年会費やポイントなど、様々な用途別ランキングをご用意しているので、きっと惹かれるような法人カードがあると思いますよ。

ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました