2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

suicaにチャージができる法人カードはあるの?

法人カードでsuicaにチャージはできるの?

電車やバスなどの公共交通機関をワンタッチで利用できるsuica。

そのsuicaへのチャージが法人カードでできるのかご存知ですか?

法人カードでsuicaへチャージすることは、携帯アプリ使うことで可能。
しかし、法人カードはオートチャージに対応していないため、事前にチャージしておくしか方法はありません。

そこで今回は、法人カードでsuicaへチャージする方法をご説明させていただきます。

公共交通機関を利用する際に役立つ情報だと思うので、ぜひご覧になってみてください。

なぜオートチャージ機能は使えないのか

冒頭でもお話ししましたが、suicaへのオートチャージに対応した法人カードは1枚もありません
法人カードでsuicaへのオートチャージが使えれば楽なのに…と思う方も多いと思います。

しかし、法人カードでsuicaへのオートチャージが使えてしまうと大きなリスクが。
そのリスクとは、各カードの内訳がわからなくなってしまうことです!

オートチャージとは、suicaを使用する際、残高がその額を下回っていると、指定したカードなどから自動で一定額チャージしてくれるサービス。
とても便利な機能で、個人クレジットカードではとても人気なサービスです!

ただし、これはあくまで1人でカードを使うからこそ、メリットばかりあると感じられるのです。

例えば、複数枚のsuicaを法人カードからオートチャージできるようにします。
そうすると、suicaへのチャージ金額はわかっても、suicaを誰が何をいつどこで使ったのかわからなくなってしまい、使用用途を証明できません。

今や、suicaは電車やバスだけでなく、コンビニなど様々な場所で利用できます。
そのため、利用内訳がわからないとなると、suicaを役員や社員が個人的に利用するといったリスクが伴ってきます。
これにより、法人カードにsuicaへのオートチャージ機能は備わっていないのです。

モバイルsuicaを使えばチャージができる

法人カードにオートチャージ機能はありませんが、suicaにチャージすることはできます。
その方法とは、「モバイルsuica」の利用です!

モバイルsuicaとは、簡単に言うとsuicaをそのまま携帯の中で管理できる携帯アプリ。
改札を通る場合であれば、suica本来の姿であるカード媒体ではなく、携帯をかざすことで入場できます。

モバイルsuicaでの支払い先を法人カードにしておくことで、suicaへチャージする時には法人カードが使用されます。
suicaへのチャージ携帯操作1つですぐに完了するため、手間もそれほど掛かりません!

年会費が1,000円掛かるものの、登録できる法人カードは限られていませんし、suicaに簡単にチャージできるので、モバイルsuicaで管理するのも良いのではないでしょうか?

モバイルsuicaが無料!VIEW法人カード

suicaに入金できる法人カード

先程ご紹介したモバイルsuicaを無料で利用できる法人カードをご紹介させていただきます。
それは、「VIEW法人カード」です!

VIEW法人カードは、年会費が477円でモバイルsuica無料で利用可能。
つまり、通常年会費が1,000円掛かるモバイルsuicaを、実質半額で使えるということになります!

もちろん、VIEW法人カードの魅力はまだまだあります。

電車を利用する時、急いでいたり混んでいたりすると煩わしくなるのが、乗車券の購入。
VIEW法人カードであれば、この手間を省くことができます!

乗車券予約サービス「えきねっと」に登録すると、新幹線やJRの特急列車の空席照会や指定席予約が可能に。
また、JR東日本の「みどりの窓口」や「びゅうプラザ」で切符や指定券を購入する際、50,000円未満の利用であればサインをせずに決済できるのです!

それに加えて、移動時に安心できる旅行傷害保険が付帯されています。

海外では最高500万円、国内ではなんと最高1,000万円の補償!
もちろん、電車やバスの移動時に万が一のことがあった場合にも適用されるので、公共交通機関の利用が多いsuicaユーザーであれば心強いのではないかと思います。

ただし、VIEW法人カードの審査はとても厳しいと言われています。
「原則として3年以上の業歴をお待ちで経営が順調であること」が申し込み資格となっているので、それを十分踏まえたうえでお申込みください。

ApplePayでチャージすることもできます!

また、モバイルsuicaでなくても法人カードでsuicaにチャージする方法があります。

それは、「ApplePay」に対応した法人カードを選ぶこと。
ただし、Apple製の携帯端末を所持していることが条件となります。

使い方は簡単で、まずは専用アプリをダウンロードして、suicaの会員情報や法人カード情報を登録。
この時、既にsuicaを発行されている場合でも、アプリへ移行することができます。

あとは、アプリ内で事前にsuicaへチャージしておけば、モバイルsuica同様、携帯をかざすだけで利用できます!

この方法であればモバイルsuicaと違って年会費無料で使えますし、ApplePayに対応した法人カードは数多く存在するので、検討してみてはいかがでしょうか?

ApplePay対応と言えばオリコExGold

suicaにチャージできるApplePayに対応した法人カードでおすすめするのは、「オリコExGold」。
オリコExGoldは、suicaにチャージできるだけでなく、様々な角度から見ても良さが際立つ法人カードです!

この法人カードの魅力としては、ポイントが貯まりやすいということ。
オリコExGoldは、最大ポイント還元率が最大1.1%と高い数値を誇っています!
年間で200万円利用するとこの還元率に達するので、決済が多い方であればお得に使えますね。

さらに、オリコExGoldには、充実した保険が付帯。
旅行傷害保険が国内外最高2,000万円も付帯されているので、安心感のある法人カードとなっています。

そんなオリコExGoldは、年会費がたったの2,000円
同ランクで同価格帯の法人カードと比較すると、これだけのサービスが備わったものはとても限られてきます。

しかも、VIEW法人カードと違い、審査とても甘いと言われています。
そのため、起業から3年経っていない方でも申し込めます!

Apple製の携帯端末を所持している方であれば、オリコExGoldでsuicaにチャージすることをおすすめします。

オリコExGoldの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました