2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

ステータス性が高い法人カード比較ランキング!最適の1枚はどれ?

ステータス性が高い法人カードをランキング形式で紹介!

ステータスが高い法人カードランキング

「ステータスが高い法人カードが知りたい!」
「1番ステータス性の高い法人カードはどれ?」
「ステータス性が高い法人カードを契約したいが、審査が心配…」

大企業の代表者はもちろん、個人事業主の方のなかにも、ステータス性の高い法人カードを利用したいという方は多くいらっしゃるかと思います。

ステータス性の高い法人カードを持っておけば、信頼性が増してビジネスでの印象も良くなるでしょう。

今回は、そんなステータス性の高い法人カードを求めている方に向けてランキング形式でおすすめの法人カードをご紹介していきます。

また、ランキングと併せて、ステータス性の高い法人カードを所持するメリットや、ステータス性の高い法人カードの特徴、審査についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

「ステータスが高い法人カード」ランキングベスト5を紹介

では、さっそくステータス性が高い法人カードランランキングを、1位から5位までご紹介していきます。

ステータスが高い法人カードランキング1位"/

ステータス性が高い法人カードランランキング1位は「アメックス・ビジネスゴールド」です。

アメックス・ビジネスゴールドは、圧倒的なブランド力を誇る「アメリカン・エキスプレス」が発行しており、国内外問わず通用する高いステータス性を持ち合わせている法人カードです。

他の法人カードと比べてみても、高水準のサービスが豊富に付帯されていることから「高いステータス性のあるクレジットカード」といったイメージが根付いています。

さらに、ビジネスサポートも充実で、魅力的なサービスが数多く備わっているといった魅力があります。

ビジネスサポートの一種として、「帝国ホテル東京」で会員様限定でビジネスラウンジを利用できるというものがあります。
大事なお客様とのミーティングに大活躍するので、ぜひ活用してみてください。

また、アメックス・ビジネスゴールドは高ステータスでありながら、審査にはそれほど難しくなく、設立1年目の方でも申し込み可能な法人カードです。
独自の審査基準を採用しているため、スタートアップ企業や個人事業主の方にもおすすめです!

クイック申し込み

JCBプラチナ法人カード

ステータスが高い法人カードランキング2位

ステータス性が高い法人カードランランキング2位は「JCBプラチナ法人カード」。

唯一の国際ブランド「JCB」が発行するJCBプラチナ法人カードは、ステータス性が高いことで大人気の法人カードとなっています。

年会費はプラチナ法人カードとしては安価な30,000円(税抜)となっており、ワンランク上のプレミアムサービスを提供しています。

追加カード年会費は、1枚追加ごとに6,000円(税抜き)となっており、ETCカードは無料で5枚まで発行可能です。

さらにこの法人カードは、追加カードの発行上限が設けられていませんので、従業員が多い企業でも問題ありません。

旅行傷害保険では、なんと国内外問わず最大1億円の補償が受けられます。
さらに、JCBプラチナ法人カードはポイント還元率が最大0.85%と、非常にポイントを貯めやすいカードとなっています。

ぜひこの機会にJCBプラチナ法人カードをご利用ください。

ステータスが高い法人カードランキング3位"/

ステータス性が高い法人カードランランキング3位は「三井住友ビジネスプラチナカードforOwners」になります。

「三井住友カード」が発行する三井住友ビジネスプラチナカードforOwnersは、プラチナランクのなかでもステータス性が高く人気があります。

国内では知らない方がいないほどの知名度を誇る三井住友カードが発行しているので、その信頼性も抜群です。

保険やポイントといった付帯サービスはもちろんのこと、プラチナランクだからこそ受けられるコンシェルジュサービスなど、作業の効率化や経費削減に貢献してくれる優秀なサービスが備わっています。

国内・海外旅行傷害保険では、最高1億円まで補償されますので、出張が多い法人様にも最適です。

高いステータス性を求めているのであれば、三井住友ビジネスプラチナカードforOwnersをご検討されてみてはいかがでしょうか?

クイック申し込み

ステータスが高い法人カードランキング4位"/

ステータス性が高い法人カードランランキング4位は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」です!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、日本のクレジットカード会社である「クレディセゾン」が発行しています。

こちらの法人カードは、セゾンカードとアメックスカードが提携しており、セゾンアメックスの最上位カードです。

年会費は20,000円(税抜)ですが、年間200万円以上のショッピングご利用で次年度本会員年会費が10,000円(税抜)に優遇されます。

また、「プライオリティパス」と呼ばれる120以上の国や地域、400以上の都市で1,000以上の海外空港ラウンジを無料で利用することができます。

海外空港ラウンジでは、飲み物やスナック、インターネットなども利用できます。

ぜひ優秀な付帯サービスを備えたセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスをご活用ください!

クイック申し込み

ラグジュアリーカードブラック

ステータスが高い法人カードランキング5位

ステータス性が高い法人カードランランキング5位は「ラグジュアリーカードブラック」!

新生銀行グループの「アプラス」がオフシャルパートナーを務めて発行している、ラグジュアリーカードブラックでは、本体が金属製であることが最大の特徴となっています。

こちらの法人カードは非常にステータス性の高く、性能も非常にレベルの高い法人カードの一つといえるでしょう。

ポイント還元率も1.25%と高く、経費削減に貢献。
さらに、ヤフーショッピングや楽天市場を利用すれば、ボーナスポイントも付与されます。

通常クレジットカードの還元率は1%あれば高還元率と呼ばれていますので、ぜひ契約しておきたい法人カードとなっています。

さらに365日24時間対応のコンシェルジュが利用できるので、あなたの秘書のようにサポートしてくれます。

ラグジュアリーカードブラックを利用して、大切な時間を他に活用されてみてはいかがでしょうか?

ステータスが高い法人カードを所持するメリットとは

ステータス性が高い法人カードを所持することで、周りの人に自慢できるだけではなく、支払いを行うたびに信頼を得ることができます。

「非常に高い支払い能力がある人」
「社会的地位が高い人」

大事な取引先の方にこのようなイメージを与えることもできるでしょう。
法人カードのステータスの高さは、ビジネスを行ううえで印象に関わる大事な要素になってきます。

ステータス性の高い法人カードの特徴

ステータス性が高い法人カードには、以下のような特徴があげられます。

年会費が高い

ステータス性が高い法人カードは、一般カードに比べて年会費が高いという特徴があります。

たとえば、年会費が1,000円の法人カードを持つ方より、年会費が30,000円の法人カードを持っている方のほうが、「かっこいいな…」と思うのではないでしょうか?

このように高年会費は、ステータスを表す要素にもなっています!

基本的にステータスが高い法人カードは、1万円~10万円程度の年会費がかかると考えておきましょう!

審査が厳しい

ステータス性が高い法人カードは、審査が厳しいといった特徴もあげられます。
基本的に、一般カードよりも厳しく審査されることになるでしょう。

審査に不安といった方は、これまでのクレジットヒステリーや信用情報などを事前に確認してみるのもおすすめです。

ステータス性が高い法人カードを持つには?審査について

法人カードは、ステータス性が高いプラチナランクでもインビテーション不要のものが多く、継続的な利用や支払いをしっかり行っているなどの信頼があれば発行できます。

ステータスが高く審査が厳しいと言われていても、審査基準に関しては法人カードごとに異なるため法人カードを作ったことがないという方でも、申し込みをすれば発行できる可能性があるのです。

また、審査が不安といった方は、まずゴールドランクで実績を作り、ランクアップさせることも視野に入れて検討されると良いでしょう!

あなたに合った最適の1枚は見つかりましたか?

今回は、ステータス性の高い法人カードをランキング形式でご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?
ご紹介した法人カードは非常にステータス性が高く、優れたサービスが付帯しているものばかりです。

また、記事後半でご紹介したメリットや特徴、審査についても情報も参考にしてもらえると幸いです。

ぜひ今回ご紹介したステータス性が高い法人カードのランキングの中から、お気に入りの1枚を見つけ出してみてください!

そして、当サイトではステータスのランキング以外にも、さまざまな性能で法人カードランキングを作成しています。
「ステータスが高いだけでは物足りない!」という方は、違う法人カード比較ランキングもチェックしてみることをおすすめします。

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました