2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードのサインについて解説!個人名と会社名どちらを書けばいい?

法人カードのサイン(署名)ってどうすればいい?

法人カードのサイン

経費処理やビジネスでの支払いに便利な法人カード

会社経営者やその社員、個人事業主などが利用していますが、クレジットカードの裏面にある署名欄には、どの名義で記入すればいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

また、支払いの確認の際に記入するサインも同様ですね。
法人カードは会社で発行したものではありますが、実際に利用しているのは個人。
法人カードで決済を行う際、サインには誰の名前が必要になるのでしょうか。

今回は法人カードのサインについて解説していきます。

法人カードの名義人は?裏面には誰のものを記載する?

法人カードの名義人

結論からいえば、法人カードの名義人は「カードの所有者」となります。
つまり「個人」が該当することになります。

法人カードの場合、カードの表面には「会社名」と「カード使用者(個人)」の署名がなされています。(※カードによる)
そして、裏面の署名欄には、カードの所有者である個人の名前を記載することになります。
これは追加カードの場合であっても同様です。

なので、ここまでの内容をまとめると、法人カードの裏面には「個人名」を署名する。
そして、支払い時にサインを求められた際も「個人名」で行うというのが正しいです。

サインをする際の注意点

サインの注意点について

法人カードにおいてサインや署名をする際に使用するのが「個人名」であることは明らかになりました。
ここでは、法人カードでサインをする際の注意点を挙げていきます。

名義人以外が利用しない

法人カードは、基本的にカードに記載されている名義人しか使うことができません
例えば、経営者の名義で発行された法人カードを社員が使用するといったことは認められません。

個人カードでも名義人以外の利用が認められていないのと同様の話です。
そのため、法人カードを社員に使わせる場合は、必ず社員個人の名義でカードを発行しなければなりません。

署名がないカードは利用できない

これに関してはお店などによっても異なるのですが、カードの裏面に署名がないものに関して利用を認められない場合があります。
そのため、法人カードを発行した際には、必ず裏面に署名を行なっておきましょう。

署名に関しては「漢字」「ひらがな」「ローマ字」などどれでも構いません。
できれば署名が消えてしまわないように油性ペンなどを使うことをおすすめします。

署名変更は正規の手続きを行う

引き継ぎなどで法人カードの利用者が変わることもあるでしょう。

その場合には、カードの名義人が変わることになりますが、これについては署名を変更すればいいという話ではなく、必ずカード会社に連絡をして手続きを行わなければいけません。

いくらカードの裏面の署名を変更したといっても、カード会社側にしてみれば、名義人の変更手続きは行われていないので、名義人以外がカードを利用しているという状態になってしまいます。
上記でも触れましたが、法人カードは名義人以外利用不可ようになっていて、カード会社が気づいたら利用停止にあることもあるので注意しましょう、

署名のルールを覚えよう!

法人カードのサインについて解説していきました。

法人カードのサインや署名に関しては、複雑なルールなどはありません。
法人カードのサインは使用する「個人名」を記載するという点と、名義人を変更する場合はきちんと手続きを行うという点をよく覚えておいてください。

さて、法人カードの基礎について理解できたところで、新しく法人カードの導入を検討してみてはいかがでしょう?
法人カードを選ぶ際は、自分がどのような目的で利用したいかが大切です。
まずは、どんなことに重点を置いて選ぶのか、どのなかでどの法人カードの性能が高いのか、比較していきましょう!

下記のページでは、、数多く存在する法人カードの性能を徹底的に比較しランキングを作成しています。
ぜひ一度チェックしてみてください。

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました