2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

審査の甘さを口コミで調査!法人カード比較ランキング【審査編】

比較ランキング!審査に通りやすい法人カードをご紹介

審査比較ランキング

  • ランキング第1位

    オリコEXGoldForBiz

    審査比較ランキング1位

    書類2点のみで申込可能
    最大ポイント還元率が1.1%!年会費2,000円で豊富なサービスが受けられるコスパ最強のカード。
    詳細を見る

  • ランキング第2位

    JCB一般法人カード

    審査比較ランキング2位

    審査に通った口コミ多数
    年会費はたったの1,250円でありながら国内外の保険が充実。高性能で人気の法人カード!
    詳細を見る

  • ランキング第3位

    アメックスビジネスゴールド

    審査比較ランキング3位

    起業したてでも申込可能
    アメックスの高ステータスな1枚!起業したてでも審査に通りやすいという口コミも多数!
    詳細を見る

審査が甘いと言われている法人カードの比較ランキング!

法人代表者や個人事業主の方のなかには、これから法人カードを導入したいけど審査に自信がない…というように心配を抱えている方もいらっしゃいますよね。

特に、起業したばかりの方や、赤字経営が続いている方は、法人カードの申し込みをする前にしっかりと審査についての情報を得ておくべきでしょう。

そこでこのページでは、審査が甘いと言われている法人カードを徹底比較して、ランキング形式でご紹介!
それに加えて、法人カードの審査基準と、より審査に通りやすくするための対策方法を徹底解説していきます。

法人カードの審査についての不安を無くし、安心して申し込みを行えるように情報を記載していきますので、実際に発行する際にはぜひ参考にしてみてください。

審査に通りやすい法人カードランキングBEST5

法人代表者必要書類入会申込書本人確認書類+所得証明書(キャッシングをご希望の場合)
個人事業主必要書類入会申込書+本人確認書類

審査が甘いと言われる法人カードの比較ランキング第1位は「オリコEXGoldForBiz」です!

この法人カードは、とにかく審査に通りやすいという声が、他の法人カードと比較してもとても多く見受けられます。

また、性能が高くコスパに優れている点でも、審査比較ランキング1位としている理由となっています。

オリコEXGoldForBizは、最大ポイント還元率が1.1%と、いわゆる高還元率法人カード。
これは同ランクの法人カードと比較しても高い数値となっているので、ポイントが貯まりやすくなっています!

それに加え、「招待日和」というサービスが無料で利用できます。
こちらは、全国にある有名レストラン約200店舗を予約でき、2人以上で利用すると1人分が無料になるというもの。
このサービスを利用すれば、会食などの食事の席で1人分食事代を浮かせることができるので、経費削減にも繋がりますね!

そんなオリコEXGoldForBizですが、なんと年会費が2,000円という低価格!
同価格帯の法人カードと比較すると、これほど高性能なものはありません。

審査が甘いと言われるだけでなく、良心的なコスパやサービスも兼ね備えているため、オリコEXGoldForBizを比較ランキングの第1位とさせていただきました。

オリコEXGoldForBizの詳細

法人代表者必要書類代表者の本人確認書類+現在事項全部証明書or履歴事項全部証明書
個人事業主必要書類本人確認書類

今回の審査比較ランキング2位に輝いたのは「JCB一般法人カード」です。

このJCB一般法人カードは、審査に通ったという口コミが多く一般ランクながら性能が高いことで人気の法人カード!

国内外で受けられる旅行保険が共に3,000万円も付帯されているので、旅行や出張時でなれない土地に行く際にも安心です。

さらにポイントは、基本還元率0.5%に加え、年間100万円以上利用すると最大0.75%までアップ!
JCB加盟店の利用では、最大6倍もポイントが付与されるサービスもあります。

高い性能を兼ね備えているJCB一般法人カードですが、年会費はたったの1,250円
そして今なら初回年会費が0円!それに加え入会特典で最大7,000円のギフトカードがプレゼントされるので、申し込みをするなら今がお得となっています。

性能が高く、コストも安いので、比較的導入がしやすいJCB一般法人カード。
審査に不安を抱える方も、ぜひ申し込みを検討してみてください!

JCB一般法人カードの詳細

法人代表者必要書類本人確認書類+商業登記簿謄本or登記事項証明書
個人事業主必要書類本人確認書類

おすすめの法人カード審査ランキング3位は、「アメックス・ビジネスゴールド」。

ステータス性の高いアメックス社の法人カードですが、実は口コミで審査に通りやすいという情報が多々あります。
中には、設立後すぐにお申込みした方や、収入がまだ発生しておらず0円で申し込んだ方が、この法人カードの審査に通ったという声も!

また、この法人カードはマイルを貯めるのに非常に適した法人カード
全15航空会社のマイルを貯めることができ、特にメンバーシップ・リワード・プラスというサービスに参加するとANAマイル還元率が1.0%となっています。

トラベルサービスや保険も充実しているので、出張などが多い方に適した一枚となっています。
ステータスの高い一枚を求める法人代表者の方や個人事業主の方は、審査に通りやすいと言われているアメックス・ビジネスゴールドの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

アメックスビジネスゴールドの詳細

必要書類本人確認書類

審査ランキング4位は、企業の安定感があり信頼性が高い「三井住友クラシックビジネスカードforOwners」です。

この法人カードの審査に必要な書類は、本人確認書類の1点のみ!
登記簿謄本や決算書を提出しなくて良いので、非常に申し込みやすくなっています。

登記簿謄本や決算書を提出しないということは、詳細な経営状況は審査されないということにもなるので、起業したての方個人事業主の方でも比較的に審査に通りやすいと予測されます!

また、この三井住友クラシックビジネスカードforOwnersには、一般ランクでありながらキャッシング機能が付帯されています。
そのため、経営をスムーズにするためのキャッシュフローの改善を行う際に非常に役に立つことでしょう!

年会費も1,250円となっていて非常に導入しやすい法人カードになっているので、審査に不安を抱える方も一度申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

三井住友クラシックforOwnersの詳細

必要書類本人確認書類+金融機関の届出印+キャッシュカードまたは通帳

審査比較ランキング第5位に選出されたのは、「セゾンパール・アメックス」です。

このセゾンパール・アメックスは、法人カードのなかで唯一即日発行に対応しています!
そのため、通常の法人カードと比較すると、発行までの時間が2週間以上も違うため、あまり厳しく審査されないことが推測されます。

またこの法人カードは、審査が甘いと言われるだけでなく、年会費が実質無料という魅力も。
なんと、年に1度利用すれば翌年の年会費が無料になるのです!
年会費による負担を減らしたい方にとっては大きな決め手となりますね。

審査に通りやすく、年会費無料の法人カードが欲しい!」という方に大変おすすめの法人カードです!

セゾンパールアメックスの詳細

どんなところが見られる!?審査基準について

審査に通りやすい法人カードランキングをご紹介しました。
そして、ここからは実際に法人カードの申し込みをする際に、どのような点が審査に影響してくるのか解説していきます。

法人カードの審査では、申込者である法人代表者・個人事業主の方の信用に加えて、会社の信用力も審査の対象になります。
それぞれ具体的に見ていきましょう。

会社の信用力

まず、会社の信用度で何が見られているかというと、「設立年数」と「黒字決算」の2点だと言われています。
設立年数は、「会社の設立から3年以上経過しているか」が基準になると言われており、これが通常の審査通過のラインとなっています。

そのため、法人カードの申し込みをする際には、申し込み者に登記簿謄本の提出をさせたり、最終的な売上や利益を記入させたりして、会社の安定度や信用力を調査します。
設立してから3年以上経過していて、黒字決算の会社の場合、事業を持続させる安定感があり、信頼度も高いと評価されるため、法人カードの審査には通りやくなると言われています。

反対に、設立年数が3年以下で赤字経営が続いている企業は、カード会社からの信用力は低いと評価されることも。
しかし、こういったものはあくまで「基準」であり、起業して2年目の場合や赤字経営だからといって絶対に審査には通らないというわけではありません。
あくまで会社の経営状況を判断するものということを頭に入れておきましょう。

経営者個人の信用力

法人カードの審査では、上記の会社の信用度の他にも、法人申し込み者の個人信用情報も重要になっています。
通常の個人用のクレジットカードで行うような審査時と同じように、信用情報機関で申込者の個人信用情報を照会して、信用できるかどうかを判断します。

そのため、これまでにクレジットカードの支払いやローンの返済の延滞などをしたことがあり、ブラックリスト入りしている経営者などは、信用度が低くいくら会社の信用力があっても、法人カードの審査に通過するのは難しいと言えるでしょう。

逆に、個人信用情報に登録されている信用情報が良いと、法人カードの審査も有利になります。

以上の2点が、法人カードの審査を受ける際の基準となってきますので、申し込みをする際には一度確認しておきましょう。

必要書類は少ないほうが通りやすい!?

法人カードの審査基準として、「会社の設立年数」や「経営状況」が重要ということをご紹介しました。
しかし、これから法人カードの申込をする方のなかには、そういった情報に自信がなく、できるなら提示を避けたいと考える方もいるかと思います。

そんな方は提出書類が少ない法人カードを選ぶのがおすすめです!
実は、法人カードのなかには申込書類と本人確認書類のみで申し込みができるものも存在。

そのような法人カードは、企業の経営状況を明かさずとも申し込みをすることができるので、カード会社がチェックする点も少なく審査も甘いのではないかと言われています。

この場合、個人の信用度が重要視されるため、赤字経営でも個人信用情報をしっかり作り上げている方であれば、審査にも通りやすいのではないかと予想されます。

そのため、企業の経営状況に自信がない方は、必要書類が少ない法人カードを選ぶのも一つの手と言えるでしょう。

審査に落ちにくくする方法について解説

法人カードの審査に不安を抱える方の中には、「審査に通りやすくなる方法はあるのか?」気になる方も居るかと思います。
この見出しでは、法人カードの審査に不安を抱える方、審査に落ちた方でも審査通過率をアップする方法をご紹介していきます。

固定電話や自社のホームページを持つ

法人カードの審査に通りやすくするための対策の一つとして、自社のホームページを作成するという方法があります。
企業のホームページに、企業概要や代表者名、資本金額などの記載があれば、あなたが提示した情報の裏付けともなり、企業の信頼性も高くなるので、審査に有利になることでしょう。

また、会社に固定電話を引くことも一つの対策となります。
会社専用の固定電話があると、会社の所在の証明にもなるため、携帯電話番号を記載するのと比較しても企業の信頼性が高くなると言えるでしょう。

固定電話を引く予定があるという方は、早めに固定電話を契約して、企業の信用度を上げてから法人カードの申し込みをすることをおすすめします。

最初の利用限度額は低めに設定する

法人カードの審査通過率を上げたい場合、限度額を低めに設定して申し込みをしましょう。
というのも、利用限度額は低ければ低いほど、法人カードの審査に落ちにくくなると言われているからです。

特に、起業したてで設立年数が短い企業や、赤字経営の企業の方が、限度額を高めに設定して申し込みをしてしまうと、利用限度額に見合わないと判断されてしまい、審査に落ちることもあるので注意が必要になります。

また、キャッシング機能を付ける場合も、提出書類が増え審査も厳しくなるため、落ちる危険性が高くなると言われています。

したがって、審査の通過率を上げるためには、まず利用限度額を抑えめに設定し(利用限度額の1.5倍程度、特に必要でなければキャッシング機能は利用しないようにしてください。

そして、事業の拡大とともに法人カードの限度額を上げていきたい場合は、発行された法人カードで利用実績を積み、カード会社との信用を作り増額をしていくのが良いでしょう。

クレヒスに傷が無い状態で申込をする

法人カードの審査には、個人の信用度も重要視されると上で解説しました。
そのため、どんなに審査が甘いと言われている法人カードであっても、カードに申し込みをする代表者の個人信用情報に傷があったり、ブラックリスト入りしていたりする場合は、審査に通過するのは難しくなってしまいます。

この個人信用情報は、信用情報機関のサイトから1,000円で開示請求可能。
もし、過去にクレジットカードやローンの支払いの延滞をしたことがある経営者の方は、法人カードの審査に申し込みをする前に一度自分の個人信用情報の内容を確認することをおすすめします。

そして、信用情報機関に登録されているデータは一定期間でクリアになるので、自分の個人信用情報に金融事故者情報や支払い遅延情報が載っている場合は、事故情報が消えるのを待ってから法人カードに申し込みましょう。

ちなみに、データがクリアになる期間は、金融事故の原因によってもか変わってきます。

個人信用情報に登録される情報原因登録期間
金融事故情報・返済日から61日以上の支払い遅延
・自己破産、任意整理、個人再生などの債務整理
5~10年
支払い遅延返済日から60日以内の支払い遅延2年

ブラックリスト情報が消える前に法人用のカードが必要な方は、法人用のデビッドカードで代用して、個人信用情報に登録されていているブラック情報が消えるのを待つなどといった対策を考えるのも一つの手になりますね。

審査以外にも比較するポイントをチェック!

審査比較ランキング

以上、審査が甘いと言われる法人カードの比較ランキングでした!

今回は審査が甘いと言われる法人カードをご紹介しましたが、別の比較ランキングも気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった方は、当サイトではポイント還元率や年会費などの比較ランキングをご覧ください。
あなたにぴったりの一枚がきっと見つかるはずです!

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました