2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードの生年月日は誰のものを書けばいい?

法人カードの生年月日!審査落ちや規約違反にならないために

法人カードの生年月日

法人カードを申し込むとき、決済に使いたいとき、生年月日の記入を求められて、「あれ?」と思ったことはありませんか?

「法人カードの生年月日って誰のものを書けばいいんだろう?」

会社で作った法人カードではあるけど券面の名前は自分のものになっている場合、生年月日は自分?社長?それとも会社を設立した日とか??

このような疑問を持つ方のために、この記事では法人カードを発行する際に誰の生年月日を書けばいいのか解説!
それと併せて、法人カードを使う上で生年月日の記入を求められたときに起こりうる疑問に対してお答えしていきます!

意外に知らないことも多いけど、知っていればスムーズな決済が可能になる法人カードの生年月日について、ぜひ最後までご一読ください!

法人カードを発行する際の情報は名義人のものを!

生年月日は名義人のものを
まずは、法人カードを申し込む際に記入する生年月日についてです。

Webサイトから申し込むにしても、書類を取り寄せたりダウンロードしたりして生年月日を手書きで記入するにしても、一番重要なのは「誰が申し込むのか」ということです。

誰の名義の法人カードを作るのか。名義とは、その法人カードの所持者のことです。
社長なのか従業員なのか、それによって記入する生年月日は違います。

社長名義の法人カードを発行するならば、生年月日は社長のものを。
経理担当など、主に法人カードを使う予定の従業員ならば、その従業員の生年月日の記入が必要です。

法人カードといえど、名義は会社ではなく、「個人名義」です。
法人カードは企業そのものに対して発行されるのではなく、「企業に属する個人」に対して発行されるものとなります。

法人カードの申込書に生年月日を記入する際には、「誰の情報を入力すべきか」ということをしっかりと確認してから記入しましょう。
もちろん従業員名義の法人カードを発行するのに、「会社の代表者欄」に従業員の名前は書けません。

誤った情報を記入してしまうと、あとで「変更届」などの提出が必要になるだけでなく、法人カードの規約違反にもなりかねません。

生年月日の記入を間違えないためにも、記入する欄が誰の情報を入力すべき欄なのか、しっかり確認しましょう。

法人カードの生年月日について疑問点にお答えします

ここで、法人カードを発行する際や決済する際に生年月日の記入が必要な場合について、よくある疑問点に対してお答えします!

情報を間違えて申し込んでしまった!審査に影響する?

生年月日を間違えてしまった場合
法人カードを申し込む際に記入した、生年月日を間違えていた!
そんなときは、直ちに申し込んだカード発行会社に連絡を入れましょう。

うっかり誤記をしてしまうことは誰にでもありますが、「生年月日を間違える」のは一般的には極めて稀です。
そのため、「名前」や「生年月日」など、あまり間違えることが少なそうな記入欄に不備が見つかった場合、「悪意ある第三者のなりすましではないか」とカード会社に判断されかねません。

また間違いに気がついても、二重の申込みはしないでください。
後の申込みが取り消されるだけでなく、審査が厳しくなることもありえます。

生年月日のような重要事項の記入間違いに気がついたら、まずカード会社に「申込時に間違えたので訂正したい」と連絡を入れましょう。
審査の際にカード会社が「証明書類と記入欄が違う」などと間違いに気づいた場合、カードが発行されることは難しくなるので注意してください。

ネットショッピングで使いたいときはどうする?

ネットショッピングで生年月日を入力する際は?
法人カードはネットショッピングで備品などを購入したいときにも使えます。
「楽天市場」などのネットショップのサイトでは、「マイページ」などにつながるアカウントを作る必要がありますが、このアカウント名義と法人カードの名義が違うと、承認が下りないことがあるのです。

筆者も以前楽天市場で、自分のアカウントから決済は家族のクレジットカードで購入しようとして、お店から確認の電話がかかってきたことがあります。
また「申込者名義のクレジットカードでないと使えない」と明記されているお店も最近は多くあります。

前提として、法人カードの券面に記載された名義人以外の人はそのカードを使うことはできません。
ネットショップのアカウント名義と、決済に使おうとしている法人カードの名義が違う場合、「盗難されたカードではないか?」と疑われる可能性もあります。

ネットショッピングで法人カードを使う時は、アカウントの名義と法人カードの名義を同じにしましょう。

申し込みの際の個人情報は正しいものを!

法人カードの生年月日についてご紹介しました。

信用が重視される法人カードにおいて、入会申込書の「内容不備」は審査に落ちる主な原因の1つです。
審査に通りやすくするためにも、生年月日などの個人情報は正確に、空白がないように記載しましょう。
また審査に申し込む際は、必須項目だけでも問題ありませんが、任意項目も埋めることで信頼性が上がることがあります。

第三者のなりすましを疑われることや、電話番号が間違っていて在籍確認ができなくて審査に落ちる、などということがないように間違いがないかしっかり確認してから送信することをおすすめします!

また、法人カードに申し込む際は「審査の通りやすさ」も非常に重要になってきます。
当サイトでは口コミなどを比較して、審査が通りやすい法人カードをランキングでご紹介しています。

法人カードを検討している方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね!

審査ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました