2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

NPOは法人カードに申し込むことができる?メリットや審査情報を解説

NPOは法人カードを持つことができるのか

NPOは法人カード発行について

民間が運営する非営利組織である「NPO」。
NPOを運営する代表者のなかには、「法人カードの申し込みを行いたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

非営利目的のNPOであっても、経費は発生するもの
法人カードを導入して、経費精算を簡略化を目指していきたいですよね。

しかし、NPOを運営している方にとって

「NPOはそもそも法人カードに申し込むことが可能なのか?」
「NPOは法人カードの審査に通ることができるのか?」

などといった疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではNPOの法人カードの申し込みについて解説
法人カードの審査に関しても情報を記載していくので、最後までぜひご覧ください。

NPOでも申し込むことができる!

NPOは法人カードの発行が可能

まず、結論からお伝えすると法人カードはNPOの方でも申し込むことが可能です。

法人カードは、文字だけ見れば「法人のカード」という意味にはなりますが、実際には個人事業主の方やフリーランスの方であっても申し込むことが可能なクレジットカードです。

たとえば、JCBの法人カードを申し込む際には下記の項目から、「法人の種別」を選択します。

  • 個人事業主
  • 国、地方公共団体、人格のない社団または財団、独立行政法人
  • 株式会社、有限会社、投資法人、特定目的会社等(資本多数決を採用する法人)
  • 上に記載以外の法人(社団・財団法人、学校法人、医療法人、合名会社、合資会社、合同会社等)

このように、法人カードの申し込みを行うは、個人や法人以外の組織であっても申し込みをすることが可能です。
これに加えて、NPOも法人カードの申し込みを行うことができるのです。

NPOが法人カードを導入するメリットとは?

法人カードを発行するメリット

NPOが法人カードを導入することによって、どんなメリットが得られるのかご紹介していきます。

経費精算の簡略化

法人カードを利用しない場合の経費精算の方法だと、領収書を一枚一枚確認して処理を行っていくかと思います。

しかし、経費の支払いに法人カードを利用すれば、利用明細書を確認するだけで、その月にどのくらい利用したかが一目で分かります。

精算に掛ける時間も省けますし、管理も楽になるといったメリットがあります。

キャッシュフローに余裕が生まれる

法人カードを導入することにより、利用から引き落としまでの期間に余裕が生まれます。
口座に現金を用意しておくことで、ビジネス上で急遽現金が必要になった際にも対応できます。

また、「売上見込みは立っているけど、現金がない」といった場合でも支払いを先送りにすることも可能です。

ポイントを貯めて経費削減

法人カードを利用することによって、ポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは、商品券やマイルなどにも交換できるため、本来掛かるはずだった経費を削減することも可能です。

審査情報についてチェックしておこう!

NPOが法人カードを申し込む際の審査について

NPOの方が法人カードに申し込みを行う際、不安となるのが審査についてかと思います。

ここでは法人カードの審査に関して必要な情報を記載していくので、確認したうえでスムーズに申し込みを行うようにしてください。

審査の前に用意しておくべきもの

まず、NPOが法人カードを作る際には下記の2つのものを準備しておきましょう。

  • 登記簿謄本
  • NPO名義の銀行口座

NPOの方が法人カードの申し込みを行う際には、必要な書類がいくつかあります。
必要書類はカード会社によって異なり、代表者の身分証明書だけで行うものもありますが、ほとんどの場合「登記簿謄本」が必要となります。

登記簿謄本は6か月以内のものを用意するようにしましょう。
また、法人登記していないNPOの場合、法人カードの発行が難しくなるので注意してください。

そして、法人カードの引き落とし口座になるNPO名義の銀行口座も開設しておきましょう。
個人事業主の場合、引き落とし口座を個人の口座にすることもできますが、NPOの場合は法人となるので法人名義の口座は必要となります。

審査では何が見られるの?

それでは、NPOの方が法人カードの申し込みを行った際、審査はではどのようなことが見られるのでしょうか。

法人カードの審査では、法人の状況だけではなく「代表者の信用情報」も重要になってきます。
具体的には、「クレジットカードやローンを利用した際の、支払い遅延や事故を起こしていないか」という点です。
また、任意整理や自己破産などをした場合も、ブラックリストに載ってしまい法人カードの発行が難しくなります。

そして逆をいえば、いままで期限にも遅れず問題なく支払いをしている方は、信用情報が良好と判断され法人カードの審査に通りやすくなります。

なので、NPOの代表者の方は、まず自分の信用情報について確認したうえで法人カードの申込を行いましょう。
もし、信用情報に自信がない場合は、まずは毎月の支払いを確実に行いカード会社から信頼される信用情報を築いたうでも申し込みを行ったほうが確実と言えます。

一般的にNPOの場合だと、通常の株式会社などと比較すると審査は厳しめになると言われています。
しかし、審査に絶対に通らないということはなく、必要なものを準備し、代表者のクレヒスを積み重ねれば審査に通る可能性は十分あります。

NPOの方には「オリコEXGold for Biz」がおすすめ!

「オリコEX GoldforBiz」の法人カードがおすすめ

NPOの方でも法人カードを作成できるということを解説しました!

それでは、NPOの方はどの法人カードに申し込むのが良いのか?
NPOの方にぜひともおすすめしたい一枚は「オリコEXGold for Biz」です。

この法人カードを、NPOの方におすすめしたい大きな理由の一つとして「審査の通りやすさ」が挙げられます。
オリコEXGold for Bizは、審査通過率が非常に高いと言われているので、NPOの方でも申し込みがしやすい法人カードと言えるでしょう。

しかも、通常法人カードの申し込みに必要となる登記簿謄本が不要

  • 入会申込書
  • 本人確認資料

上記の2点を用意すれば申し込むことが可能です。

さらに、この法人カードの年会費は2,000円と非常に安く、初年度は無料で利用できるため、コスト面でも導入しやすい一枚となっています。

しかも、年間利用額に応じてポイント還元率がアップする仕組みがあり、最大でなんと1.1%もの還元を受けることができます!
貯まったポイントは、ギフトカードやマイルに交換することが可能なので、直接経費削減にも役立つことでしょう。

国際ブランドは、MastercardVISAの2つから選べ、それぞれ接待・経費管理・出張などに役立つサービスが付帯されているのも魅力となっています。

経費の簡略化を図ってきたい、経費削減を図ってきたいと考えているNPOの方は、ぜひオリコEXGold for Bizの導入を検討してみてはいかがでしょう?

オリコEXGold for Bizの詳細

法人カードの審査情報を比較してご紹介中

審査比較記事はこちら

ご紹介したように、法人カードを発行できるのは会社に限らず、NPOの方でも行うことができます。

NPOの方が法人カードの審査に通過するためには、審査の情報をあらかじめ確認し、審査に通りやすい法人カードに申し込むことも大事になってきます。

当サイトでは、今回ご紹介した法人カードの他にも、審査が通りやすいと予測される法人カードをご紹介中です。

他の法人カードも見てみたいという方は、法人カードの審査情報を比較したページも、ぜひチェックしてみてください。

審査比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました