2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードは個人向けカードよりも発行の難易度は高いのか?

法人カードの審査の難易度はどれぐらい?

法人カードの審査難易度について

会社を経営する上での会計業務を効率化したり、ビジネスシーンのさまざまな場面で便利なサービスを提供してくれる「法人カード」。

会社経営において、一枚は持っておいた方がいいアイテムでもあります。

そんな法人カードですが、個人向けのクレジットカードよりも審査の難易度が高いといわれています。

では、どのような理由で審査の難易度が高いと言われているのか?
このページでは、法人カードの審査の難易度について解説していきます。

また、審査の難易度が比較的低いと言われている法人カードもご紹介していくので、そちらも参考にしてみてください。

法人カードの審査の難易度が高い理由は?

法人カードの審査の難易度が高い理由

個人向けのクレジットカードよりも法人カードの方が審査の難易度が高いと言われているのは、いくつかの理由が挙げられます。

まず第一に、個人カードよりも「利用額が多い」ことがあります。

個人カードであればお買い物などで利用されることが多いですが、法人カードの場合、経費の支払いや資産運用など、ビジネスでのあらゆる用途に使われます。

利用額が多いことはカード会社にとってみれば「リスクが大きい」ことになります。
倒産などによって貸し倒れになってしまえば、カード会社は多額の損害を受ける可能性もあります。

そのため、個人カードよりも法人カードの審査はより厳格な基準が設けられています。
なので、法人カードの審査の難易度が高いと言われているのです。

審査基準はカード会社によって違う

審査難易度の低い法人カードを選ぼう

法人カードの審査が個人カードよりも難易度が高いのは明らかですが、それでも審査基準はカード会社によって異なります。

一見、カード発行が厳しそうな状況にあったとしても、審査の難易度が比較的低い法人カードを選べば発行できる可能性はあります。

法人カードの審査では、主に「個人(申込者)」と「会社」の情報が判断されます。

個人の情報に関しては、明確で支払い履歴やクレヒスなどの信用情報や年収、預金額などの支払い能力が判断されます。

会社の情報は、経営の安定度が重要視されます。
事業継続年数や黒字決算などが審査され、これらの情報は「登記簿謄本」や「決算書」を提出することによって判断されます。

ただ、カード会社によっては「決算書」などの書類を提出する必要がないものもあります。

こういったカード会社では、会社の審査において基準となる要素が少ないと考えられるため、カード発行の難易度は低いと言われています。

審査に通りやすい「オリコEXGoldForBiz」がおすすめ!

審査難易度の低い法人カードをご紹介

法人カードの審査難易度はカード会社によって異なります。
ここでは、審査の難易度が比較的低いといわれている法人カードを紹介します。

オリコEXGoldForBiz」は口コミで最も審査に通りやすいといわれている法人カードです。

申し込みに「決算書」や「登記簿謄本」といった書類の提出が不要で、申込書と本人確認書類の2点で申し込みができます。

事業に関する情報をそこまで細かく審査しないと考えられるため、起業して間もないような会社でも発行できる可能性が高いでしょう。

また、「オリコEXGoldForBiz」は年会費初年度無料(2年目から2000円)と法人カードの中でも安いという特徴があります。

年会費が安いだけではなく、会計ソフトの提供やビジネス付帯機能、優待サービスなども充実しているため、非常にコスパの高い1枚といえます。

審査難易度が低いといわれており、スペック面での良さが際立つおすすめの法人カードです。

オリコEXGoldforBizの詳細

審査情報を調べて申し込もう

法人カードは個人カードと比べて全般的に審査難易度が高いと言われていますが、法人カードの中でも審査の厳しさは区々です。

中には、審査に通りやすい法人カードも存在するので、初めて法人カードを作るという人はそういったカードを選ぶといいでしょう。

また、法人カードを作る際には、カード会社ごとの審査難易度を把握しておくことが重要です。

審査難易度を知り、自分にあった法人カードを手に入れるようにしましょう。

当サイトでは、審査難易度を比較した法人カードの審査ランキングをご紹介しています。
今回ご紹介した、オリコEXGoldForBiz以外の法人カードの審査情報を比較したいという方は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

審査に通りやすい法人カードを比較

タイトルとURLをコピーしました