2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードでマイルを効率良く貯める方法!還元率が高いカードを紹介

法人カードでマイルを効率よく貯める方法をご紹介

法人カードを選ぶ際に、重要視する方も多い「マイル」。
マイルとは、航空会社が提供しているポイントプログラムのことを指します。

マイルが貯まりやすい法人カードを選ぶことによって、出張が多い経営者の方や個人事業主の方はいままで以上に恩恵を受けることができるでしょう!

しかし、実はマイルを通常より効率よく貯めるには、少しコツが必要になります。
せっかくなら、効率よく貯める方法を理解してお得にマイルを貯めていきたいですよね!

そこでこのページでは、法人カードでマイルを貯める際に最適な方法や、マイルが貯まりやすいおすすめの法人カードをご紹介していきます。

法人カードを所持してマイルを貯める際には、ぜひ参考にしてみてください!

マイルの貯め方は3つ!


カードを利用してマイルを貯めるには、基本的に下記の3つの方法があります。
どんな方法があるのか見ていきましょう。

飛行機に乗って貯める

マイルを貯める際の一般的な方法になります。
この方法では、実際に飛行機に乗ることによってマイルが貯まります。

ANAやJALのような航空会社が発行する法人カードでは、このように飛行機に乗ることによって距離や頻度に応じてフライトマイルを貯めることが可能になるのです。

出張時や旅行時に利用する航空会社が決まっている方であれば、ANAカード・JALカードのように航空会社が発行する法人カードを選ぶことでマイルを貯めることが可能になりますね!

ショッピング利用で得たポイントをマイルに移行する

ほとんど法人カードはショッピング利用をすることによってポイントを貯めるシステムが導入されています。

この貯まったポイントをマイルに移行する方法が、法人カードで一番メインとなるマイルの貯め方になります。

法人カードは、電気代や備品代など月々多くの支払いに利用されることが予測されます。
そのため、ショッピング利用によるポイントが貯まりやすく、この方法だとマイルも効率よく貯まることでしょう!

ショッピング利用で直接貯める

ショッピング利用で、マイルをそのまま還元することができます!
法人カードで貯めたポイントをマイルで移行する方法よりも、還元率は高く移行する手間もないので簡単にマイルを貯めることができます。

しかし、この方法を取り入れている法人カードは多くなく、ショッピング利用でマイル還元できない法人カードもあるので、事前に確認が必要です。

マイルを貯める際の注意点

法人カードでマイルを貯める際には、注意点もいくつかあります。
ここでは、法人カードでマイルを貯める際に注意する点についてまとめていきます。

航空会社の法人カードは貯まりにくい?


マイルを効率良く貯めたい!と考えた場合、「ANAやJALの法人カードを持とう!」と考える方も多くいます。
しかし、実はANAやJALが発行する法人カードの性能は個人用と法人用では大きく変わります。

個人用の場合、基本的にフライトとショッピング、どちらの利用時でもマイルを貯めることが可能です。
しかし、法人カードの場合「フライトマイル」のみで貯めるのが一般的な方法となっていて、ショッピングマイルに対応している方法カードは限られてしまいます。

法人カードは、航空券以外のさまざまな経費に利用されることが予想されます。
そういった経費精算の分をマイルへと移行できないのは非常に勿体ないですよね。

法人カードを航空券の支払いだけに利用するのであれば、航空会社の法人カードで十分貯めていくことが可能ですが、そうでなければ基本的にこういったカードではマイルを効率よく貯めることはできません。

移行手数料と移行上限を要チェック

ポイントをマイルに移行する場合、移行手数料が必要な法人カードも存在するので注意が必要です。
また、ポイントからマイルに移行する際の上限が決められている場合などもあります。

たとえば、アメックスビジネスゴールドの場合、ポイントをANAマイルに移行するには、年会費5,000円の「メンバーシップリワードANAコース」に加入が必要となります。さらに、ポイントからマイルへの移行上限は年間80,000マイルまでとされています。

このように、法人カードによっては移行手数料や移行上限はカードによってそれぞれ設定されています。
ポイントをたくさん貯めても、マイル移行の上限を超えてしまって交換ができない…。
なんてことにならないように、法人カードを選ぶ際にはマイルの移行手数料と移行上限は把握しておく必要があります。

そのうえで、「年間どのくらい利用するのか」「どのくらいマイルを貯めたいのか」を確認して、手数料と上限のバランスを見て決めていきましょう。

マイルが貯まる最強の法人カードを紹介!

マイルの貯め方について理解できましたか?
マイルの貯め方が分かったところで、マイルが貯めやすいおすすめの法人カードを、ANAとJALそれぞれ1枚づつご紹介していきます。

ANAを利用する方におすすめ

ANAを利用する方におすすめの法人カードは「アメックス・ビジネスゴールド」です!
この法人カードには、マイルが貯まりやすくなる独自のプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」というものがあります。

このプログラムに登録すると、ANAマイル還元率がなんと1%と高還元で受けることができます!
また、この法人カードはANAだけではなく世界の主要航空会社14社のマイルにも交換可能!
さきほどのプログラムに参加することで、こちらも0.8%と高い還元がされるのでおすすめです。

さらに、アメックス・ビジネスゴールドは、国内外28ヶ所の空港ラウンジが利用可能で待ち時間も、有意義に過ごすことができます。

旅行傷害保険に関しても、国内5,000万円・海外1億円と高額補償になっているので、旅行や出張時の際にも安心ですね。

アメックス・ビジネスゴールドの年会費は通常31,000円となっていますが、今申し込みを行うと初年度無料になるので、まずは無料期間の1年でその性能の高さを試してみてはいかがでしょうか?

アメックスビジネスゴールドの詳細

JALを利用する方におすすめ


JALを利用する方におすすめの法人カードは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード※」です!
※以下、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスと記載。

この法人カードのJALマイル還元率は、なんと最大1.125%!
マイル還元率で言ったら法人カードのなかでNo1の数値を誇ります。

そしてこの法人カードそ導入することで、世界1,200ヶ所以上にある空港ラウンジが利用可能なプライオリティパスを無料で発行可能となります!
ゴールドランクの法人カードに付帯されるカードラウンジと比較しても、こちらの方がワンランク上の待遇を受けられるため、あなたにとって快適な待ち時間となることでしょう。

そんなセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの法人カードの年会費はなんと20,000円と、プラチナランクの法人カードと比較すると低コストで導入ができます。
そして、年間200万円以上利用すると翌年の年会費が半額になる嬉しい特典もついています!

低コストでJALマイルをお得に貯めていきたい方は、下記の詳細ページもチェックしてみてくださいね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細

貯めたマイルは誰のもの?

法人カードを活用して貯めたマイル。
このマイルは結局だれに所有権があるのか気になりますよね。

実はマイルは個人に付与されるものであり、所有権は個人にあるとされているため、マイルを個人が利用することに関して法律上問題ありません。
そのため、実際に法人カードで貯まったマイルは自分のプライベートに利用している方も多くいます。

しかし、あくまで会社の経費の支払いで貯まったポイントやマイルは「会社のもの」と考えたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、法人カードで貯めたマイルを個人が利用する場合、無断で利用してしまうとトラブルになってしまうこともありますので、基本的には必ず会社で確認してから利用するようにしてください。

マイル比較ランキングはこちらから!


今回は法人カードのマイルの貯め方について説明致しました。
マイルを効率よく貯めたあとに、どのような利用先があるのかを知りたい方は「マイルの使い方」もチェックしてみてくだささいね。

また、当サイトではこのページで紹介したカード以外にも、マイルが貯まりやすい法人カードをランキング形式で紹介しています。
より自分にあったマイルが貯まりやすい一枚を探していきたい方は、ぜひ下記のボタンから覗いてみてくださいね。

マイル還元率ランキング

タイトルとURLをコピーしました