2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

ビジネスで有効な法人カード!メリットとデメリットを解説!

法人カードのメリットとデメリットを解説します

法人カードのメリットとデメリット

会社経営者や社員、個人事業主といった方々におすすめな法人カード。
ビジネス上で決済を行う機会がある人にとって非常に便利なアイテムとなります。

しかし、法人カードが一般的なクレジットカードと比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのか理解しているでしょうか。

法人カードをせっかく導入するなら、あらかじめメリット・デメリットをよく理解することが必要です。
そのうえで、自分の事業に本当に法人カードが必要か、よく判断していきましょう。

今回は、法人カードのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

法人カードのメリットについて

法人カードのメリット

まずは、法人カードのメリットについて解説していきます。
法人カードを持つことによって、どのようなメリットがあるのか代表的なものを紹介します。

経理業務の効率化が可能

会社経営でも個人事業主でも、経理業務というのは大なり小なりあるものです。
法人カードを使わない場合、経費に関しては現金で決済を行う形になりますが、それでは領収書を1枚1枚管理して記帳する必要があります。

法人カードの場合、カードで決済した金額については、毎月の利用明細に記載されます。
誰が、どこで、いくら使ったのかが一目瞭然になりますし、この明細書のデータをそのまま使えば経費処理の効率化が可能になるといったメリットがあります。

社員が立替した経費を計上して、会計処理をし、支払いを行うといった業務は細かくて非効率です。
法人カードを社員に持たせておけば、そういった時間コストを削減することにもつながります。
1つ1つの項目を手打ちするよりも、要する時間を短縮できることになるので、業務の効率化に貢献できるでしょう

法人カードの場合、こういった経理業務をスムーズに行うための機能が付帯していることも多く、一般的なクレジットカードよりもメリットが大きいです。

キャッシュフローの安定化

現金決済などの場合、経費として処理する度に現金を用意する必要が生じます。
法人カードであれば支払いは、月に1回口座から引き落とす形になっていますし、その都度決済を行う必要がないため、キャッシュフローの安定化に繋がります。

クレジットカードの特徴として、実質的に支払いの猶予期間が設けられる状態にもなるため、資金繰りの観点でもメリットがあります。

ビジネスに便利な付帯サービス

法人カードには、ビジネスのあらゆる場面において利便性を向上するサービスが付帯されています。
例えば、出張などで国内外さまざま場所に赴く機会が多い場合でも、ホテル優待サービスや空港ラウンジの利用、旅行保険など、ビジネスに特化した付帯サービスが魅力的です。

また、法人サービスのなかには「経営コンサルティング」や「健康相談」や「トラベルデスク」といったサービスも用意されているところがあります。
こういったサービスを利用することで、経営状況の改善にも繋がり、社員の福利厚生などにも活用できつといったメリットがあります。

会計の明瞭化

現金決済で領収書を提出させるやり方の場合、曖昧な部分もあり、ときに不明瞭な会計処理がなされることも考えられます。
手打ちで会計処理を行う場合ですと、金額の入力ミスなどのリスクも起こりうるでしょう。

法人カードなら毎月の明細書が発行されるので、そういったミスも起こりにくくなります、
発行する明細書を参考に処理を行うことで、会計の明瞭化につながることも法人カードのメリットと言えるしょう。

法人カードのデメリットについて

法人カードのデメリット

法人カードのデメリットについても見ていきましょう。

法人カードは事業経営者なら誰もが持つべきものとは必ずしもいえないため、メリット・デメリットを把握した上で利用を決めてください。

年会費が高い

法人カードは年会費が有料であることがほとんどです。
年会費無料の個人カードは多いですが、法人カードはビジネス向けのサービスを充実させている分、年会費が高く設定されている場合があります。

個人事業主の場合、経費処理がそこまで大変でなければ個人カードでも充分対応することが可能ですので、わざわざ高い年会費の法人カードを導入するメリットというのは人によっては少ないかもしれません。

しかし、法人カードのなかには初回年会費無料のものや、年1回利用することによって年会費無料になる法人カードも存在します。
法人カードにコストを掛けたくない方は、そういった法人カードを検討してみても良いかもしれませんね!

また、年会費が高い法人カードの特徴として、付帯サービスが魅力的な内容になっていることがあります。
それを踏まえてうえで、その年会費を掛けても「本当に必要がどうか」「その分の元が取れるのかどうか」を判断することが重要になります。

利用限度額に注意

法人カードもクレジットカードなので、当然ながら利用限度額が設定されています。
もちろんカードによって限度額は異なるのですが、それを越えてしまうとカードによる決済ができなくなってしまいます。

そうなると、1ヶ月の会計処理がカードと現金(領収書)で複雑化する可能性があります。
そのため、法人カードに申し込む際は利用限度額をよく確認するようにしましょう。

キャッシングが使えない場合がある

個人のクレジットカードにはキャッシング機能がある場合が多いですが、法人カードではキャッシングが利用できない可能性があります。

細かくいうと、個人事業主の法人カードのなかにはキャッシング利用可能なものが多いですが、法人向けの場合キャッシングが利用できないことがほとんどです。
ただ、法人の場合、キャッシングではなく、融資という形で資金調達が可能でもあり、法人カードの中には、融資に対する金利を優遇するサービスを実施しているところもあります。

法人カードはデメリットはあるが持つべき

法人カードはメリットがたくさん
法人カードにはメリット・デメリットの両方があります。

年会費が掛かってしまいますが、これについては経費として計上できてしまうため、そこまで大きな痛手にならないはずです。
その他のデメリットについても対応可能なものがほとんどです。

そう考えると、法人カードはデメリットよりもメリットの方が大きいといえます。
双方をよく理解した上で申し込んでみてください。

オリコEXGoldforBizがおすすめ!

オリコEXGoldforBizがおすすめ

ここでは法人カードの中でも利用するメリットが多い「オリコEXGoldforBiz」を紹介します。
こちらのカードには、個人事業主向けの「オリコEXGoldforBizS」と法人向けの「オリコEXGoldforBizM」が用意されています。

種類 オリコEXGoldForBizM オリコEXGoldForBizS
申し込み資格 法人代表者 個人事業主
年会費 2,000円(初年度無料)
追加カード年会費 2,000円(上限3枚) ×
カードブランド VISA・Mastercard
ポイント還元率 最大1.1%
マイル還元率 最大0.66%
利用限度額 10~300万円
旅行傷害保険 国内最高1,000万円/海外最高2,000万円

オリコEXGoldforBizの最大のメリットは、ポイント還元率が最大1.1%という点!
法人カードの平均ポイント還元率が0.5%なのと比較すると、なんとその2倍以上の還元を受けることができます。

しかも、年会費が初年度無料で翌年から2,000円(税別)と非常にコスパが良いこともメリットの1つ。
さらに、経費管理機能やキャッシング(個人事業主のみ)、優待サービスなども充実しています。

また、その他にも福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」や「ご融資金利優遇制度」など、ビジネスのあらゆる場面において頼もしい1枚となっています。

これから法人カードの導入を検討している方に、ぜひおすすめしたい万能な法人カードとなっていますので、ぜひ申し込みをしてみてはいかがでしょう?

詳細は下記のページに掲載しているので、ぜひチェックしてみてください!

詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました