2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードの発行に決算書は必要?決算書なしでも申し込める?

法人カードの申し込みに決算書は必要なのか?

法人カードの審査に決算書は必須?

法人カードの発行には申込者の信用情報だけではなく、会社の情報も重要となります。

カード会社にとってみれば、安定した経営を行なっている会社でなければ、法人カードを使わせることはリスクと判断しなければなりません。

そしてリスクを回避するためにカード会社は法人カードの審査時に、経営状況を証明するには「決算書」などの書類提出を求めることがあります。

法人カードを発行する前に、決算書を確認して経営状況の問題なければ、カード会社も安心して法人カードを発行することができるからです。

しかし、法人カードを発行したい方のなかには、何らかの理由で経営状況が良くなく、できれば「決算書」の提出を避けたいという方もいらっしゃるかと思います。

それでは、法人カードの申し込みに決算書は必須なのでしょうか?
今回は法人カードの発行に決算書が必要なのかどうかについて解説します。

決算書は必須というわけではない!

会社の経営状況を把握するためには、決算書を確認するのがわかりやすい方法ではありますが、一般的に法人カードの申し込みに決算書が必須というわけではありません。

しかし、法人カードの審査を行う上で、会社の設立年数経営状況を入力するような項目はあります。
そのため、法人カードの申し込みには「登記簿謄本」や「決算書」の提出が求められるケースもあります。

ただ、法人カードの中には決算書の提出が必須ではないものも存在します

法人カードの審査基準はカード会社によってさまざまであり、一概にどれが必須条件かというのは断定できません。
そのため、法人カードの中には赤字決算でも申し込むことができるものもあります。

法人カードの審査では何がみられる?

法人カードの申し込みの際に決算書の提出が求められなかった場合、審査では何が重要視されるのでしょうか。

設立して間もないスタートアップ企業で法人カードを発行する場合には、「決算書を提出できない」なんて状況も想定されますよね。

法人カードの審査で判断基準となるのは「会社の情報」だけではなく、「代表者の情報」も含まれます。
つまり、決算書を提出しない場合、個人の信用情報が審査の対象になります。

代表者の債務履歴や支払い履歴など、信用情報に問題がないかどうかが重要視されます。

決算書の提出がない場合には、会社の情報よりも個人の情報にウェイトが傾く可能性もあるので、代表者の信用情報を確認しておきましょう。

必要書類が少なくても性能は高い!

法人カードの発行に決算書が必須ではないことが理解できたと思います。

ここで疑問に思うのが「決算書なしで作れる法人カードって大したことないのでは?」という点です。
確かに決算書の提出が求められないのであれば、法人カード発行のハードルはグンと下がることになります。

このような審査基準で発行される法人カードのスペックを、疑問視するのも当然でしょう。

しかし、決算書なしで申込むことができる法人カードでも性能は充分です。

ビジネス関連の付帯機能や優待など、充実したサービスを提供しているカードは非常に多く、決してスペックで劣っているというわけではありません

決算書なしでも作れる法人カードを紹介

それでは、決算書がなくても作れる法人カードを紹介していきます。
法人カードとしての性能を充分に備えて、コスパの高いカードばかりとなっています。

オリコEXGoldForBiz

オリコEXGoldForBiz」は年会費初年度無料(2年目2000円)という格安の年会費で利用できるコスパの良い法人カードです。

企業経営者でも個人事業主でも発行可能で、決算書の提出が必要ありません
そのため、審査に通りやすいとも言われていて、設立して間もない企業の経営者におすすめの1枚です。

また、福利厚生サービスも備わっており、利用可能枠は最大200万円と利便性も高いです。
それに加え、経費管理ソフトの提供やビジネスのあらゆる場面での優待も充実しています。

ポイント還元率も1.1%と高く、コスパが良い1枚でもある「オリコEXGoldForBiz」。
決算書なしで審査難易度が低いと言われているので、審査に不安を持つかたは検討してみてはいかがでしょう?

オリコEXGoldforBizの詳細

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

ステータスも充分なプラチナカードは、ビジネスのあらゆる場面で効果を発揮します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」の通常年会費は20,000円ですが、年間200万円以上の利用で年会費が半額の10,000円になるという、プラチナランクでありながらコスパの良い法人カードとなっています。

また、圧倒的な付帯機能が魅力でもあるので、海外出張などに頻繁に行かれるビジネスマンの方におすすめです。
ビジネスサポートでは会計ソフトの利用だけではなく、顧問弁護士サービスの優待を受けることもできます。

出張や接待、福利厚生とビジネスとプライベートに、余裕と安心を与える1枚といえるでしょう。
こちらも審査の際は決算書がいらず、プラチナランクでありなが審査に通りやすいと言われているのでおすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細

三井住友ビジネスクラシックカードforOwners

三井住友ビジネスクラシックカードforOwners」は、年会費初年度無料(2年目から1250円)という格安で発行できる法人カードです。

申し込みには、登記簿謄本や決算書などの提出は必要ありません

レンタカーやホテル、空港ラウンジ、福利厚生などビジネスシーンで便利なサービスも充実していますし、非常に利便性の高い1枚となっています。

利用可能枠も最大150万円と申し分ないですし、「マイペイすリボ」を使えば、キャッシュフローを安定化させることも可能です。

キャッシュフローの安定や、ビジネスサポートの恩恵を受けたいという方は、ぜひ検討してみてください。

三井住友ビジネスクラシックforOwnersの詳細

審査比較ランキングもチェックしてみてください

法人カードの申し込みに、決算書の提出は必ずしも求められません

その場合には、代表者の与信が審査基準となるので、たとえ設立間もない企業でも、赤字決算の企業でも法人カードを発行することはできます。

会社の状況に応じて、発行しやすい法人カードを選んでみてください。

当サイトでは、審査難易度を比較した法人カードの審査ランキングをご紹介しています。
今回ご紹介した、法人カード以外の審査情報を比較したいという方は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

審査比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました