2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードの発行枚数は何枚がお得?おすすめの選び方も解説します

法人カードの枚数は1枚より複数枚がおすすめ!どうやって選ぶ?

法人カードを所持するなら複数枚がおすすめ

法人カードを導入している法人代表者の方や個人事業主の方のなかには、
「すでに法人カードを活用しているけど、2枚目・3枚目の法人カードを所持して使い分けをしたい」
と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、法人カードは複数枚発行することが可能です。

しかも、1枚の法人カードを使い倒すよりも、複数枚をうまく活用するほうが多くのメリットがあります。
そのため、1枚で十分活用できているという方でも、使い分けのために法人カードを2~3枚導入することをおすすめしています。

この記事では、なぜ複数枚持つのが良いのか、その理由について解説します。
また複数枚持つことによる注意点や、サブの法人カードの選び方、おすすめの法人カードもご紹介します!

ぜひ最後までご一読ください!

法人カードは2〜3枚持ちがお得!複数枚持つメリットを解説!

複数枚持つメリット

すでに法人カードを所持している方のなかには、「法人カードは1枚あれば十分なのでは?」と思う方もいると思います。
ですが、2枚や3枚など法人カードを複数枚所持して使い分けることで、法人カードがさらに便利になります!

この見出しでは、法人カードを2枚以上持つことでどんなメリットがあるか解説します。

まずは、経理手続きがさらに効率化されます!
複数枚所持していると、ガソリン代、備品代など、用途によって法人カードを使い分けることができるので、会計処理が大幅に楽になります。

また、法人カードは海外でも利用できますが、国際ブランドが「VISAのみ」「MasterCardのみ」というお店も存在します。
しかし、国内外問わずに、国際ブランドが違う法人カードを複数枚所持していれば、どれかは使える」という安心感があります。

また、法人カードを複数枚持つことで、単純に利用可能になる法人カードが2枚以上になるので利用限度額の幅も広がります。
そのため、万が一1枚目の法人カードの限度額が超えてしまうことがあっても、2枚目があれば補うこともできます。

さらに、2枚目以降には1枚目にはないサービスが付帯されている法人カードを選ぶことで、サービスのバリエーションが広がります。
法人カードは性能がばらばらです。

「ポイントが貯めやすい法人カード」「保険が充実した法人カード」「出張サービスが魅力的な法人カード」など…
サービスの性能が違う法人カードを組み合わせることで、さまざまなビジネスシーンに対応することができるようになることでしょう。

管理の徹底とセキュリティに注意!

複数枚持つ際はセキュリティに注意
さて、法人カードは1枚だけ所持するより、複数枚のほうがさらに法人カードを活用できることはお伝えしました。
ですが、複数枚を持つとそれだけ注意点も多くなります。

ここでは法人カードを複数枚所持する上での注意点を解説します。

まず、法人カードを複数枚所持すると、それだけ紛失・盗難のリスクも増えます。
しかも所持するカードの枚数が増えれば増えるほど、紛失や盗難というトラブルに気づきにくくもなります。

なので法人カードを複数枚所持する場合は、社内でのセキュリティ管理をさらに徹底する必要があります。

また、法人カードを2枚以上所持すると、それだけ明細書の管理も複雑になります。
そのため法人カードごとに利用用途を明確にし、カードごとにいくら使っているかなど、管理や確認方法などをマニュアル化する必要があるかもしれません。

しかし、そういった管理やフローを社内で明確に行うことができれば、結果的に複数枚所持したときのほうが効率化は望めるかと思います。

選ぶ時は使用目的に合わせたものを!

複数枚選ぶ際は使用する目的を明確に
2枚目、3枚目の法人カードを選ぶ際、なんとなく選んでも複数枚所持するメリットはあまり得られません。

出張費、備品代、電子マネーチャージなど、カードごとの利用用途を明確にして、目的にあったカードを選びましょう

また前述しましたが、国際ブランドは被らないようにしましょう。
VISAを2枚持ちするよりは、VISAとMasterCardなどと国際ブランドを分けたほうが、利用用途の幅が広がります。

また付帯サービスに関しても、1枚目と2枚目は違う内容のものを選ぶようにしましょう。
法人カードごとに付帯サービスを変えることで、「出張の際に便利」「接待の際に便利」など、よりお得に特典を受けることができます。

目的別!おすすめの法人カードのご紹介

法人カードを複数枚持つ際は、利用用途ごとに選ぶのが大事ということを解説しました。

ここでは、目的別におすすめの法人カードを紹介していきます!
2枚目以降の法人カードを選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください!

経費削減用には「オリコEXGoldForBiz」

複数枚持つのににおすすめの法人カード①

種類 オリコEXGoldForBizM オリコEXGoldForBizS
申し込み資格 法人代表者 個人事業主
年会費 2,000円(初年度無料)
追加カード年会費 2,000円(上限3枚) ×
カードブランド VISA・Mastercard
ポイント還元率 最大1.1%
マイル還元率 最大0.66%
利用限度額 10~300万円
旅行傷害保険 国内最高1,000万円/海外最高2,000万円

法人カードのポイントを多く貯めて、経費削減に役立てたいという場合におすすめしているのが「オリコEXGoldForBiz」です。
この法人カードのポイント還元率はなんと最大1.1%
基本的に法人カードのポイント還元率は0.5%となっているので、オリコEXGoldForBizは通常よりも約2倍以上のポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは、Amazonギフト券や航空券のマイル移行など様々な交換先から選択でき、経費削減に直接役立ちます。

また、年会費も2,000円と非常にコスパが良いのも魅力的。
2枚目以降の法人カードにあまりコストを掛けたくないという場合にもおすすめです。

詳細はこちら

ビジネス・接待用に「アメックス・ビジネスゴールド」

複数枚持つのににおすすめの法人カード②

申し込み資格 法人代表者・個人事業主
年会費 31,000円
追加カード年会費 12,000円(上限5枚)
カードブランド AMEX
ポイント還元率 最大0.3%
マイル還元率 最大1.0%※サービス加入時
利用限度額 一律制限なし
旅行傷害保険 国内最高5,000万円/海外最高1億円

アメックス・ビジネスゴールド」は、ゴールドランクでありながら、プラチナランクと同等のステータス性があります。

「メンバーシップ・リワード・プラス」というサービスに加入すると、ANAのマイル還元率がなんと1.0%にアップし、ポイントの有効期限も無期限になるという特典が受けられます。

さらに、最大の特徴となるのが付帯サービスの充実度
接待の際に役立つレストラン予約のサービスや、経営をサポートするコンサルティングサービス、空港での手荷物無料サービス・クロークサービス・送迎サービスなど…
さまざまなシーンで役立つサービスが付帯されています!

サービスの種類の豊富さで言ったら法人カードのなかでNo.1と言っても過言ではありません。
なので、こちらは「ステータスが高い法人カードを所持して箔をつけたい」「サービスを利用してビジネスを効率化したい」場合などに、導入を検討してみるのが良いかと思います。

詳細はこちら

保険用には「JCB一般法人カード」

複数枚持つのににおすすめの法人カード③

申し込み資格 法人代表者・個人事業主
年会費 1,250円 (WEB申込で初年度無料)
追加カード年会費 1,250円(無制限)
カードブランド JCB
ポイント還元率 最大0.75%
マイル還元率 最大0.45%
旅行傷害保険 国内海外最高3,000万円

※利用限度額は公式サイト参照

JCB一般法人カード」は1,250円という低年会費でありながら、高額補償の保険が付帯されていることが大きな魅力です。

国内外ともに旅行傷害保険の補償額が最高3,000万円は、一般ランクの法人カードの中では最高額です。
傷害治療費、携行品損害補償など、補償内容も充実しています。

また、こちらの法人カードは追加カードの発行枚数の制限がありません
なので従業員に配る際にもおすすめとなっています。

「保険用に一枚欲しい」「従業員用に配りたい」という場合には検討してみてはいかがでしょう?

詳細はこちら

法人カードの複数枚持ちはとても有利です!

法人カードを複数枚所持する場合は、カードごとに使用目的を明確にすると、法人カードがさらにビジネスの効率化してくれます。
限度額の上限が増え、国際ブランドを分けることで使用できる場面も増え、付帯サービスも変えることでさらに充実したビジネスサポートを受けることができます。

従業員に渡す追加カードもだいたい3枚までですが、複数枚持つことで追加カードの発行も増やすことができます。
セキュリティや支払い管理を徹底して法人カードをさらに活用しましょう!

下記のページでは、ご紹介した法人カード以外にも豊富な種類のカードを性能別にランキングでご紹介しています。
「さまざまな法人カードを比較したい!」という方は、ぜひ下記のページも参考にしてみてください。

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました