2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

ETCカードが発行できる法人カードを徹底比較!選び方のコツも解説

ETCカードが発行できる法人カードを比較!

ETC法人カードを比較

業務上、車を利用する機会が多い方にとって、ETC料金を節約することは経費削減をするうえで重要ですよね。

「ETC料金を削減したい!」
「ETC料金の経費管理を簡略・明確化したい!」

そう考えている方におすすめなのが、ETCカードが発行できる法人カード。
法人カードでETCカードを発行することによって、経費管理が楽になり効率良くポイントを貯めることも可能です。

そして、実際にETCカードが発行できる法人カードを比較して選ぶ際、どれを選べばいいのか迷ってしまうかと思います。
実は、ETCカードが発行できる法人カードは、年会費が掛かるものや発行枚数の制限など、性能がばらばら。
そこで、このページではETCカードが発行できる法人カードの性能を比較!

比較する項目をご解説し、実際におすすめの法人カードを比較しご紹介していきます!
どの法人カードにすればいいのか迷っている方は、こちらの比較ページを参考にしてみてください。

ETCカードを発行するメリットは?

ETC法人カードは比較的メリット多い

法人カードの追加カードとして発行されるETCカードには、さまざまなメリットがあります。
ここではどんなメリットがあるのかご紹介していきます!

履歴がデータ化されるため利用内容が明確になる

業務上で車移動が多い会社の場合、「だれが、どこに、いつ、高速道路を利用したのか」、管理するのが難しくなるかと思います。

法人カードに発行されるETCカードを利用することによって、その履歴がデータとして残るので高速道路代の経費の流れが明確になります。

走行日・利用区間・金額を比較してチェックすることができるので、経費削減や管理の効率化に役立つでしょう。

さらに、データで管理できることにより、社員による不正利用の防止もできます。
ETCカードは一枚につき一人しか利用できないので、責任感を持って利用するでしょう。

精算の手間や立て替えの負担がなくなる

法人カードに発行されるETCカードのなかには、複数枚発行できるものがあります。

複数発行した場合でも、利用額はまとめて口座から引き落としされるので、経費の流れが一本化するメリットがあります。

このように、会社や代表者の口座から引き落としができるETCカードを利用することによって、社員が立て替えを行う必要がなくなります。
これによって、社員にとっては立て替えの負担が無くなり、経費精算も楽になるでしょう。

高速道路代の精算をその都度行っていたときと比較すると、かなり便利になると思います!

ポイントがお得に貯められる

ETCカードの利用額はメインとなる法人カードのほうに請求されます。
法人カードの場合、ポイントが貯められるサービスが付帯しているものがあるので、高速道路代に対してもポイントを貯めることができます!

法人カードに発行されるETCカードを利用する前と比較すると、お得にポイントが貯められるので嬉しいですね。
利用すればするほどポイントはたくさん貯まるので、ぜひ法人カードを導入して効率よく貯めていきましょう。

ETCカードが発行できる法人カードを選ぶ際の比較項目

ETC法人カードを選ぶ際の比較ポイント

法人カードに発行されるETCカードのメリットが分かったところで、実際に法人カードを選ぶ際はどのような点を比較するべきなのかご紹介していきます。

発行枚数の上限

上にも記載しましたが、ETCカードを複数発行した場合でも利用額は一つの口座から引き落としがされます。
この場合のメリットは、経費精算をする手間が減り、管理が楽になるというものでした。

しかし、ETCカードを複数枚発行するには、そもそも「ETCカードを複数枚発行できる法人カード」を選ぶ必要があります。

法人カードに発行されるETCカードの発行枚数上限はさまざま。
そのため、まず何枚のETCカードを発行したいのか考えたうえで、発行枚数上限を比較して選ぶようにしましょう。

年会費

年会費も比較する際には重要なポイントとなります。
法人カードを発行する際には、親カードの年会費のほかに、ETCカードにも年会費がかかる場合があります。

ETCカード自体の年会費は、無料~500円程度と安くなっていますが、複数枚作る場合はその分年会費が掛かってしまうので、むやみやたらに作らないように注意が必要です。

ETCカードが発行できる法人カードの性能を比較

ここでは、ETCカードが発行できる法人カードを上記でご紹介した項目で比較していきます!
比較表をもとに最適な一枚を選んでいきましょう。

法人カード年会費追加カード年会費追加カード発行枚数ETCカード年会費ETCカード発行枚数
法人カード比較_オリコEXGold for Biz
オリコEXGold for Biz
2,000円(初年度無料)無料3枚無料法人カード1枚につき1枚
法人カード比較_ライフカードビジネスライトスタンダード
ライフカードビジネスライトスタンダード
無料無料3枚無料1枚
法人カード比較_JCB一般法人カード
JCB一般法人カード
1,250円
(初年度無料)
1,250円
(初年度無料)
制限なし無料複数枚
法人カード比較_三井住友ビジネスクラシックカード
三井住友ビジネスクラシックカード
1,250円400円制限なし500円(年に1度利用すればその年は年会費無料)法人カード1枚につき1枚
法人カード比較_アメックス・ビジネスゴールド
アメックス・ビジネスゴールド
31,000円
(初年度無料)
12,000円制限なし500円親カードに5枚
追加カードにつき1枚
法人カード比較_セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
20,000円
(200万円利用で次年度半額)
3,000円4枚無料法人カード1枚につき1枚

目的別に選ぶならこちら!

最後に、上記を比較しておすすめの法人カードを2枚ご紹介します。

無料で発行したい方におすすめ

比較しておすすめのETC法人カード①

ETCカードを無料で発行したい!という方におすすめの法人カードは、「ライフカードビジネスライトスタンダード」です。

ライフカードビジネスライトスタンダードは、親カードの年会費が永年無料という珍しい法人カードになっています。

さらに、ETCカードも無料で発行できるので、この法人カードは「完全無料」で法人カードとETCカードが利用可能!
また、審査に関しても「通りやすい」という口コミが多くあるので、申し込みに不安を抱えている方にも選ばれています。

「ETCカードの発行が1枚で十分」「法人カードの機能も最低限で十分」という方には、かなりおすすめの法人カードとなっています。

ライフカードビジネスライトスタンダードの詳細

複数発行したい方におすすめ

比較しておすすめのETC法人カード②

複数枚ETCカードを所持したいという方におすすめなのが「JCB一般法人カード」です。

JCB一般法人カードは追加カードの上限が無い法人カード。
そしてETCカードは、法人カード一枚に対して複数枚発行できるため、従業員に法人カードもETCカードも配りたいという場合にぴったりです!

また、JCB一般法人カードはETCの利用以外にも役立つサービスが豊富に付帯。

特に旅行保険は、一般ランクのなかでも最高レベルになっていて国内外最高3,000万円まで補償しています。
そのため、移動が多いビジネスマンにも非常におすすめな法人カードとなっています!

その他にも、「出張サポートサービス」や「会計ソフトの無料サービス」なども付帯されているのも魅力。
万能な一枚となっているので、この機会に検討してみてはいかがでしょう?

JCB一般法人カードの詳細

タイトルとURLをコピーしました