2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

デビット法人カードは便利?法人カードとの違いを徹底解説

法人デビットカードの特徴について解説

法人デビットカードの特徴

デビットカードとは、カードを使用した際に利用額がそのまま口座から引き落としされるカードのことを指します。

そして、この引き落とし先を、法人口座に設定することができるのをご存知でしょうか?
法人口座が設定するデビットカードのことを「法人デビットカード」と呼びます。

経費精算の簡略化を測りたいと考えている経営者のなかには、この「法人デビットカード」を導入したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

そこでまず知っておいて欲しいことが、法人デビットカードとはどんな機能を持ち、どんなメリットがあるカードのことなのか。

ここでは、法人デビットカードについて解説!
通常の法人カードと法人デビットカードの違いについてもご紹介していきます。

法人デビットカードについて理解を深めたうえで、実際に導入するか検討してみてくださいね。

法人デビットカードとは

法人デビットカードとは

まず、法人デビットカードとはどのようなものなのか、簡単に整理しておきましょう。

法人デビットカードとは、ビジネス上で発生した経費の支払いに利用するために作られたカードです。
経費の精算に利用するものなので、引き落とし口座は基本的に法人名義のものになっています。

法人デビットカードを利用すると、法人口座から即時に引き落としがされる仕組みとなっています。
経費の決済をデビットカードで行うことによって、現金精算の手間や立て替えの負担を無くすことができるでしょう。
また、利用履歴も明細書で簡単に確認することができるので、経費の流れを一目で確認することができるメリットがあります。

法人カードと法人デビットカードの違い5つ

法人カードと何が違うの?

法人向けのカードとして、法人デビットカードの他に挙げられるのが、法人クレジットカード(法人カード)です。

法人カードも法人デビットカードと同様で、導入することによって経費処理の簡略化を測ることができます。

それでは、法人カードと法人デビットカードにはどんな違いあるのか、まとめた表を見ていきましょう。

機能法人デビットカード法人カード
引き落としのタイミング即時に引き落とし月に1回
還元システムキャッシュバック型がメインポイント型がメイン
審査与信審査がない与信審査がある
付帯サービス付帯していないビジネスサポートが充実
公共料金の支払い不可(カードによっては可)可能

それぞれ説明していきます。

引き落としのタイミング

法人カードと法人デビットカードの大きな違いは、引き落としのタイミングでしょう。

法人デビットカードの場合、利用した時点で即時に引き落としがされます。

一方で法人カードだと、月に1回まとめて支払いが行われるため、引き落としのタイミングが1~2か月違ってきます。

そのため、出費が重なる場合などは、その都度デビットカードで引き落としがされてしまうと資金繰りに困るという場合でも、法人カードを利用して支払いを先延ばしにすることで支払いまでに猶予ができ、資金繰りに役立つでしょう。

還元システム

法人デビットカードの還元サービスは、基本的にはポイントを貯めることができるものが少なく、利用額に応じてキャッシュバックという形で付与されます。

「キャッシュバック型」の法人デビットカードは、面倒な手続きなどもなく、直接経費削減に役立ちますが還元率は低くなってしまいます。

しかし、基本的に法人カードは「ポイント型」の還元サービスとなっていて、還元率もカードによっては1%を超えるものもあり、お得に還元を受けることが可能!

貯めたポイントの交換先は、商品・ギフトカード・マイルなど幅広いので、消化先に迷うこともないでしょう。

審査

審査に関しても、法人カードと法人デビットカードには違いがあります。

法人デビットカードの場合、法人口座が開設できていれば審査に通りやすく、比較的簡単に発行ができます。
そのため、起業してから間もない会社や、赤字決算になっている会社などでも、法人デビットカードなら発行できる可能性があるでしょう。

また、法人デビットカードの場合、与信審査を行わないので発行までに掛かる期間も法人カードより短く済みます。

一方で、法人カードの場合だと与信審査があり、申し込みから1か月程度掛かることもあります。

しかし、法人カードのなかでの比較的審査に通りやすいものや、最短で即日~3日で発行できるものもあるので、そういった法人カードを選べば発行までそこまで待つ必要はなくなるでしょう。

付帯サービス

法人デビットカードに付帯サービスといったものがほとんど付いてきません。

ですが、法人カードの場合ですと、「空港ラウンジの利用」「接待のための予約サービス」「保険サービス」など、ビジネス向けの付帯サービスが充実しているものも多くあります。

こういったサービスはあまり利用する機会がないという方は、法人デビットカードでも十分かと思いますが、カードを導入しビジネスサービスの恩恵も受けたいという方は、法人カードを検討するとよいでしょう。

公共料金の支払い

こちらは改善されつつありますが、法人デビットカードは公共料金の支払いに使えないというルールがあります。

たとえば、家賃・電気代・水道代・通信料金など毎月発生するものなどです。
法人カードの場合、こういった公共料金を、一度引き落とし口座に指定しておけば、自動で毎月引き落としがされます。

しかし、法人デビットカードの場合、法人口座の残高に余力があることが前提で利用ができるため、このような継続した引き落としができません。
そのため、事業で本格的にカードを利用したいという方は、法人カードのほうが最適と言えるでしょう。

あなたに最適なのは法人カード?法人デビットカード?

最適なのはどっち?

法人カードと法人デビットのカードの違いに関して、解説してきました。
結果的に、どのような方にどのカードが合っているのかまとめてみました。

法人カードをおすすめする人
  • ポイントをお得に貯めたい人
  • 公共料金など継続の支払いを行いたい人
  • 豊富なビジネスサービスを受けたい人
  • 法人カードで資金繰りに活用したい人
法人デビットカードをおすすめする人
  • 審査に自信がない人
  • 公共料金の支払いを行わない人
  • 資金繰りを目的としない人

法人カードのほうが、ポイント還元やビジネスサービスの面では、やはりメリットが多くおすすめしています。
しかし、審査の難易度で見るとデビットカードのほうが、発行しやすいといった特徴があるので、「法人カードの審査に落ちた」といった場合などに、活用するのも一つの手です。

また、現金の支払いを即時で行わないといけない場合用に法人デビットカードを所持し、通常は法人カードで支払いを行うなどといった、上手い活用方法もあるので検討してみてください。

法人カードを検討している方はこちらの記事もどうぞ

法人カードの比較ランキングはこちら

今回は、法人デビットカードについて、法人カードの違いや特徴について解説してきました。

法人デビットカードは決して不便なものではありませんが、ビジネスで利用するなら法人カードのほうがより役立つことが多くあります。

もし、この記事を読んで法人カードの導入を検討したいという方がいらっしゃいましたら、当サイトの目的別の比較ランキングもチェックしてみてください!
性能ごとに法人カードを比較しご紹介しているので、あなたが求める一枚がきっと見つかるはずです。

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました