2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

大企業が選ぶコーポレートカード!比較ランキングベスト3を発表

大企業向けコーポレートカードをランキング形式で紹介

大企業向け法人カードランキング

社員の経費立て替えを無くし、経費の精算や管理を効率化に役立つ、大企業向けの「コーポレートカード」。

そして、これからコーポレートカードを導入しようと考えている方のなかには、どのカードを選べば良いか迷う方もいるかと思います。

「性能の良いコーポレートカードが知りたい!」
「コーポレートカードのメリットはなに?」

当ページでは、上記のような疑問にお応えして、数多くあるコーポレートカードのなかでも特におすすめのカードをランキングでご紹介していきます!

それと併せて、コーポレートカードのメリットや法人カードとの違いを紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

それでは、さっそくランキングベスト3から見ていきましょう!

ランキングベスト3を紹介!

コーポレートカードランキング1位

コーポレートカードランキング1位は「オリコビジネスGold」です。

オリコビジネスGoldは、コストパフォーマンス最強のコーポレートカード!

気になる年会費は、何とゴールドカードなのに2,000円と非常にコスパの良い一枚となっています。
国際ブランドは、世界シェアNo.2の「Mastercard」で幅広い範囲で利用可能です。

また、ご利用可能額は最高1,000万円と高額で、「1回払い」「分割払い」「据置一括払い」の中から選択することができるので、大企業のキャッシュフローの改善にも最適です。

さらに、海外・国内旅行傷害保険では、最高5,000万円まで補償されるので出張時や外出時も安心!

さらに国内主要空港のラウンジを年中無休、無料でご利用いただけます。

出張時に空港での待ち時間が発生した場合、空港ラウンジを利用すれば旅の疲労も軽減されることでしょう!

コーポレートカードの導入を考えている方はぜひこの機会に、ランキング1位のオリコビジネスGoldを導入されてみてはいかがでしょうか?

オリコビジネスGoldの詳細

ダイナースクラブコーポレートカード

コーポレートカードランキング2位

コーポレートカードランキング2位は「ダイナースクラブコーポレートカード」です。

ダイナースクラブコーポレートカードは、法人向けのサービスラインナップが豊富な優秀な一枚となっています。

年会費は一枚につき12,000円(税別)となっており、あなたのビジネスをしっかりとサポートしてくれるでしょう!

このコーポレートカードを導入すれば、社員が仮払いをする必要もなくなりますので、清算業務も大幅に効率化されます。

また、国内・海外旅行傷害保険も最大5,000万円まで補償されますので、旅先での事故や病気にも備えることができるでしょう。

この他にも、「JAL ONLINE」や「ANA@desk」などの国内空港オンライン予約システムも利用できるので、飛行機での出張が多い企業にピッタリです。

ぜひこの機会に「ダイナースクラブコーポレートカード」を活用してみてください!

三井住友コーポレートクラシックカード

コーポレートカードランキング3位

コーポレートカードランキング3位は「三井住友コーポレートクラシックカード」です。

三井住友コーポレートクラシックカードは、年会費1,250円(税別)といったコストパフォーマンスを持つコーポレートカードです。

2枚目からは400円(税別)となっていますので、社員に配る際も負担が少なく、清算業務も大幅に効率化されることでしょう!

コーポレートカードごとに利用枠を設定することもできますので、使いすぎてしまう心配もありません。

この他にも、ご利用額を翌月または翌々月の一括払いで決済できる「マンスリークリア式」を導入していますので、計画的に利用することが可能になります。。

また、発行されるコーポレートカードには、ICチップが搭載。
高度な暗号化技術によるセキュリティ機能に優れたICカードとなっているので、多くの社員に渡す場合も安心です。

ぜひこの機会に「三井住友コーポレートクラシックカード」を導入されてみてはいかがでしょうか?

コーポレートカードとビジネスカードの違いを解説

法人カードとの違いについて

ビジネスの効率化・経費管理の簡略化を目指す、法人・個人事業向けのクレジットカードのことを一般的に「法人カード」と呼びます。

そして、法人カードはさらに「コーポレートカード」「ビジネスカード」の2種類に分けれます。
ざっくり、どのような分け方をするかというと下記の通り。

  • コーポレートカード:大企業向け
  • ビジネスカード  :中小企業、個人事業主向け

法人カードのなかでも大企業向けのものを「コーポレートカード」と言い、これは個人では発行ができません。

コーポレートカードとビジネスカードの呼び方の基準は、カード会社によって異なります。

たとえば、三井住友が発行するコーポレートカードは、カード発行枚数が20枚以上の発行なものを指します。
一方で、JCBが発行するコーポレートカードは、法人口座から引き出す形式のものを指すなど、カード会社によって定義付けも変わってくるのです。

ですので、申し込みを行う前は検討している法人カードについてしっかり把握して、自分の事業の規模に合った法人カード選びを行うようにしましょう。

大企業に導入するメリットとは?

メリットを解説

前述の通り、コーポレートカードは大企業に向けられた法人カードということで、経理や経費精算の手間が省けるといったメリットがあります。

コーポレートカードの引き落としは法人口座に設定ができます。

複数のカードの引き落としを一つに集めることで、経費の流れが明瞭化し履歴も1つになるので管理が楽になります。

また、社員にコーポレートカードを渡すことで、ポイントも貯まりやすくなり経費削減に繋ががるのもメリットです。

さらに、保険サービスや優待サービス、福利厚生サービスを社員も受けることができるので、会社全体のモチベーションアップにも繋がるでしょう!

このように、コーポレートカードには豊富なメリットがあるので、大企業の方はぜひ検討してみることをおすすめします。

社長や役員用に最適な一枚を探してみては?

今回は、コーポレートカードのランキングを紹介しながら、ビジネスカードとの違いやメリットを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

コーポレートカードを導入することで、今回ご紹介したさまざまなメリットが得られますので、前述のランキングを参考しながらあなたの会社に最適の一枚を見つけ出してみてください!

また、社員に法人カードを渡す際は、今回ご紹介したコーポレートカードで十分ですが、社長や役員の方が持つ場合もっと最適な一枚があります!

社長や役員の方用の法人カードを探す際は、性能別にまとめた「法人カード比較ランキング」もご覧ください!

比較ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました