2019年最新おすすめ法人カードランキングを掲載中!

法人カードはブラックリストに載っていても作れるの?

法人カードの発行はブラックリストでもできる


支払いの遅延や、ローンの未払いなど、金融トラブルなどを起こしてまった場合に登録される「ブラックリスト」。

このブラックリストい登録されている方でも、法人カードを発行できるのでしょうか?
法人カードを発行するうえで、審査は必ず通らなければならない道ですよね。
ブラックリストに載っている方のなかには、法人カードを申し込み際の審査に不安を抱えている方も多いかと思います。

そこで今回は、ブラックリストに載っている方は法人カードの発行が可能なのかを徹底解説していきます。
また、ブラックリストの方でも審査に通る可能性がある一枚を見つけたので、そちらもご紹介していきます。

※おすすめの1枚をすぐに見たい方はこちらをクリックすると見出しに飛びます。

そもそもブラックリストとは何か


ブラックリストとは、信用情報機関に登録された事故情報のリストのこと。
信用情報機関とは、信用情報を提供・管理する機関のことで、事故情報とは支払いの延滞などの記録のことを指します。

そして、法人カードの申請があった場合に発行会社は、こういった事故情報を確認して審査を行うように法律で定められています。

基本的にクレジットカードの請求などをしっかりと支払っていれば、ブラックリストになることはまずあり得ません。
しかし、支払いの遅延や自己破産や民事再生といった債務整理を行った際には登録されてしまいます。

ブラックリストに登録された場合、カード審査で不利になったり、ローンが組めなくなったりと様々なデメリットが。
そのため、請求のあるものは必ず期限内に支払う、それが無理であれば一報入れるなどの対応をしなくてはなりません。

そんなブラックリストですが、1度でも登録されてしまったデータは一生消えることはないのでしょうか?

ご安心ください!ブラックリストの記録は削除することは可能です。

では、どうすれば良いのかをご紹介させていただきます。

どうすれば登録された情報は無くなるの?


ブラックリストの記録は、月日の経過により信用情報機関から削除されます。

削除にかかる時間は、各信用情報機関と金融事故の内容によって異なります。

機関名自己破産任意整理代位弁済延滞
CIC
【指定信用情報機関】
7年5年5年
KSC
【全国銀行個人信用情報機関】
10年5年5年5年
JICC
【日本信用情報機構】
5年5年5年1年

基本的にブラックリストの記録の削除には、最低でも5年が必要
長いケースでは、10年ほど掛かる場合もあります。

ただし、これはあくまで返済してからの話。

借金などを完済していなければ、ブラックリストの記録は現状維持のままになってしまいます。
そのため結論として、ブラックリストの記録を削除する方法は、月日の経過を待つ以外にありません。

それでは、ブラックリストに掲載している機関の間は、申し込みを行っても審査に通ることはできないのでしょうか?

法人カードを発行するの難しい?


正直なところで言うと、ブラックリストに載っている場合、法人カードの審査に通る可能性は低いです。
その理由として、ブラックリストに載っているということは「返済能力が低い」という判断をカード発行会社からされるということが挙げられます。

カード発行会社が最も恐れるのは、立て替えしたカード支払いを返済してもらえなくなるということ。
過去に金融事故を起こしブラックリストに載ってしまった方は、そのリスクが高くなると審査で判断されていまうのです。

しかし、100%法人カードを作成できないわけではありません。
当サイトが口コミを調査してみると、なんとブラックリストの方でも法人カードを発行できたとの声もありました!

どうやら審査が甘いと言われる法人カードに申し込んでみたところ、作成できたとのことです。

つまり、断言はできませんが、審査が甘いと言われる法人カードに申し込むことで、ブラックリストに掲載されている方でも審査に通過する可能性が。

次では、ブラックリストの方でも審査に通る可能性がある、審査が甘いと言われる法人カードをご紹介させていただきます!

審査に不安に抱える方におすすめの一枚はこちら

ブラックリストに登録されているけど法人カードを発行したい…。
そんな方におすすめなのが「JCB一般法人カード」です!」

JCB一般法人カードは審査の口コミが掲載されているサイトで「審査に通った!」という情報が多く寄せられている法人カード。
法人カードの審査通過率は平均で「45%」程度と言われているなか、JCB一般法人カードはなんと「60%」と15%も高い結果が出ているので驚きです!

あくまで、口コミの情報なので信用性は100%と言えませんが、ブラックリストに載っている方で審査に不安を抱える方は、申し込みを検討してみても良いのではないでしょうか?

そんなJCB一般法人カードは、審査の甘さに加えてスペックも高い一枚となっています。
たとえば、保険サービスは国内外3,000万円と高額補償。
この補償額は、他の一般ランクの法人カードと比較しても優秀な金額です!

そして、ポイント還元のサービスも充実していて、通常還元率0.5%に加え、年間利用額に応じて最大0.75%の還元率にすることが可能に!
さらに提携ショップ・モールサイトなどを利用することで最大20倍のポイントアップが狙えたりと充実した内容になっています。

このようなサービスが付帯されていながら、年間費はたったの1,250円と安いのも魅力!
しかも、Webからの申し込みだと初年度が無料になり、特典で7,000円ものJCBギフトカードが貰えるといったチャンスがあります。

サービスの充実度が高く、コストパフォーマンスも良いJCB一般法人カード。
審査に通るか通らないかは申し込みを行わないと分かりませんが、まずは審査通過率が高いこの一枚の申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

JCB一般法人カードをチェック!

当サイトでは審査の通りやすさでランク付け!

以上が、ブラックリストの方でも法人カードの発行ができるかについての解説でした。

ブラックリストに載っている方でも、審査が甘い法人カードを選べば発行できる可能性があるという事実は嬉しいですね。

当サイトでは、今回ご紹介した「JCB一般法人カード」以外にも、審査に通りやすいと言われている法人カードをご紹介しています。

もし、JCB一般法人カード以外のものを検討したい方は、当サイトが作成した法人カード審査ランキングもチェックしてみてください。

こちらでは、たくさんの法人カードを比較し、審査が甘いと言われているものをランキング形式でご紹介しています。
また、審査に通りやすくするコツなどもご紹介しているので、法人カードの審査について情報を整理したいという方も、ぜひ一度目を通してみてくださいね。

審査ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました