コストパフォーマンスの優れた法人カード!年会費と利便性で比較

年会費で損をしない法人カード比較方法

法人カードで損しないための年会費による比較

法人カードは利用価値が高く、経営者にとって便利なもの。
様々な付帯サービスから比較してみると、空港ラウンジ使用権や、ETCカード発行があり、現金払いの方は今すぐ法人カードの申請をすべき特典があります。

そんな申請をおすすめする法人カードですが、注意しておかなければならない比較ポイントがあります。
それは、法人カードの年会費を比較すること。

法人カードのランク(一般・ゴールド・プラチナ)にもよりますが、比較した結果、5,000円〜30,000円という価格が一般的でした。

これを高いか安いかと捉えるには、あなたの用途に必要なサービスが法人カードに付帯されているかで選ぶべきです。
なぜなら、法人カードを比較すると付帯サービスが多いほど年会費は高い傾向にあるからです。

もしあなたが飛行機や高速を利用しないならば、ラウンジもETCも当然利用しません。

利用しない機能を持っていても、法人カードの年会費は安くはなりません。
そのため、あなたの用途に最適な法人カードを発見し、そこから年会費が安いものを比較する必要があります。

当ページでは、年会費を見つめ直し、サポート力に長けたコストパフォーマンスが最高の法人カードを比較します。





年会費無料の法人カードはあるのか

無料の法人カードはあるか比較

法人カードの利用には年会費を比較することは重要ですが、そもそも年会費が無料の法人カードがあればこの問題は解決します。
実は、年会費が無料の法人カードは存在します。それも3枚のみですが(1枚は条件によって変わります)。

しかし年会費で法人カードを比較してみると、無料のカードは簡素な機能しか持たず、サービスを求めて法人カードを利用しようと考えていた方にとっては少し物足りない気持ちになります。

そこでどんな差があるか、年会費が無料と有料の法人カードを比較してみます。





年会費の無料と有料では、どういった差がでるか


付帯サービスの差

法人カード比較

有料との違いを比較してみると、一番の違いは付帯サービスです。
各法人カード会社や、カードランクによって内容は異なりますが、このような項目があります。

  • 利用限度額
  • 追加発行枚数
  • ポイント・マイルの付与
  • 旅行傷害・ショッピング保険
  • ETCカードの発行
  • 空港ラウンジ・プライオリティパスの利用
  • コンシェルジュ

これらは法人カードの代表的な付帯サービスですが、年会費無料の法人カードはこれらの項目の大半は関係がありません。

そのため、年会費を抑えて法人カード利用したい方は、自分の用途に最適な法人カード、もしくはこれらの付帯サービスの大半を利用でき、かつ年会費が安いものを比較検討しましょう。


ポイント還元率による回収

法人カードポイント還元による比較

年会費が高くても、ポイント還元によっては年会費分を回収できます。
例えば、年会費20,000円のセゾンプラチナのケース。

ポイント還元率は最大1%=100円で1ポイント。
20,000円分のポイントを貯めるには、

100円 × 20,000円 = 2,000,000ポイント

200万円の利用で年会費分を回収できる計算になります。
200万円は高いイメージですが、会社の経費で利用するとなれば200万円はすぐ使ってしまう金額でもあります。
あなたの年間利用予定額から、損をしない法人カードを比較しましょう。


複数枚発行による加算

複数枚法人カードを発行する場合の比較

法人カードは大勢の社員で利用できるよう、複数枚の発行が可能です。
各社員に持たせられて便利に思えますが、追加発行したら当然年会費も追加されます。

ここで比較すべきは、追加カードに関しては年会費が安いこともあります。

例えば先ほど出したセゾンプラチナ。
こちらの年会費は通常20,000円ですが、追加発行されたカードの年会費は3,000円です。

カードによっては安くなる仕様のものもあるのでしっかり比較しましょう。





年会費でおすすめ法人カード


オリコEXゴールドフォービズ

比較結果オリコEXは法人カードでおすすめ2,000円の年会費は、有料カードを比較しても格段に安さを誇るオリコEXゴールドフォービズ。その名の通り、通常1万円は超えるゴールドのカードですが、80%も安い年会費です(初年度無料)。
追加発行カードも同じ年会費で利用ができるので、初めてのカードとしても安心して持てます。

◆オリコEXゴールドフォービズのメリット
  1. ランク:ゴールド
  2. 年会費(初年度):無料
  3. 年会費(次年度):2,000円
  4. 追加発行の年会費も同じ
  5. 追加:最大3枚
  6. ポイント:最大1.1%
  7. マイル:0.30%
  8. 旅行傷害補償:最大2,000万円
  9. ETCカードの発行が無料
  10. 空港ラウンジの利用権利


ビジネクスト

比較結果ビジネクスト法人カード3枚しかない年会費無料の法人カードの一つ、ビジネクスト。
ポイント付与・ETCカード発行無料・審査が甘いなど、シンプルな作りですが、あると嬉しい付帯サービスは詰め込んだおすすめの法人カード。

◆ビジネクストのメリット
  1. 年会費:永久無料
  2. 追加発行枚数:最大50枚
  3. 利用限度額:最大300万円(増額可)
  4. ポイント:0.25%
  5. ETCカードの発行が無料

トップに戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ