資金繰りに役立つ法人カード、P-one Business Mastercardをご紹介

設立間もない会社の味方!P-one Business Mastercard

法人カード紹介:P-one Business Mastercard

 

起業したての会社の心強い味方となる法人カード、「P-one Business Mastercard」を紹介。

 

会社を設立後の資金繰りに対して、不安を抱いている方は少なくないと思います。

 

その不安を解消してくれるのが、P-one Business Mastercardという法人カードです!

 

キャッシング機能が優れている法人カードなので、起業したばかりの会社には不安材料となる資金面でとても活躍。
さらに年会費が安いので、この法人カードを持つことによる負担もほとんどありません!

 

当ページでは、そんなP-one Business Mastercardという法人カードについてご紹介。
この法人カード1枚で、起業後でも比較的安心できることでしょう!

 

それでは、P-one Business Mastercardの基本情報から年会費まで解説いたしますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

P-one Business Mastercardの基本情報はこちら

 

P-one Business Mastercardの特徴を知る前に、まずはこの法人カードの基本情報から一緒に見ていきましょう!

 

P-one Business Mastercardの基本情報
法人カード名 P-one Business Mastercard
申し込み資格 法人代表者・個人事業主(20歳以上)
年会費 2,000円(条件により無料)
カードブランド Masatercard
ポイント還元率 最大0.8%
マイル還元率 0.3%
利用限度額 最高300万円
ショッピング保険 最高300万円
追加カード年会費 無料(上限5枚)
ETCカード年会費 1,000円(発行手数料1,000円)
キャッシング利用額 最高300万円

 

P-one Business Mastercardという名の通り、カードブランドはMastercardのみ。
しかし、カードブランドシェア率が世界で2番目に高いので、この法人カードの利用場所に困ることはないでしょう。

 

P-one Business Mastercardの基本情報をしっかりと理解したところで、これからこの法人カードの特徴をお教えさせていただきます!

 

 

 

資金繰りに大きく役立つキャッシング機能

 

会社を設立して間もない企業には、なかなか資金に余裕がなく、急な出費が発生すると対応が難しいかと思われます。

 

しかしそんな時に、キャッシングが利用できる法人カードであれば、選択肢の幅が広がります。
これにより、手数料は掛かってしまうものの、会社を大きくさせるチャンスを逃さずに済むかもしません!

 

そのキャッシングの限度額が、P-one Business Mastercardはなんと最高300万円もある法人カードです!

 

同じ価格帯の法人カードでは、これほど利用限度額が高いものは珍しく、中にはキャッシング機能が備わっていないものも。
そんな中P-one Business Mastercardは、審査によりますが最高300万円もある法人カードなので、チャンスを1つでも多く掴むことができます。

 

それだけなく、ショッピング利用限度額も同様に最高300万円と高く設定されてるP-one Business Mastercard。
そのため、従業員に法人カードを持たせたいという方にもP-one Business Mastercardはぴったりです!

 

年会費無料の追加カードを5枚発行しても、P-one Business Mastercard含め、1枚につき30万円まで利用可能。
追加カードとおおもとの法人カードの決済がまとまってしまうので、P-one Business Mastercardのような高い利用限度額は、決済者が多い会社には嬉しいですね!

 

 

 

いつでもポイント還元率が2倍に!

 

P-one Business Mastercardは、同じ発行会社の法人カードより、ポイントが2倍も貯まるという大きな特徴を持っています!
これにより、P-one Business Mastercardのポイント還元率は、もともとの0.4%から0.8%にもなるお得な法人カードです。

 

このポイント還元率が適用されるのは、「Famiポートクーポン」と「ユニー・ファミリーマートグループ商品券」との交換時のみとなります。

 

しかし、有名な利用できる店舗としてはファミリーマートしかなく、両交換先共に1,000円分との交換のみ。
P-one Business Mastercardのポイント還元率は高いものの、コンビニでその金額は利用しないという方もいると思います。

 

そんな方は、この法人カードで貯めたポイントをAmazonギフト券と交換されると良いでしょう!
Amazonギフト券であれば使い道も多く、ポイント還元率が0.33%の2倍で0.66%
つまり、法人カードのポイント還元率を少し妥協することで、利用範囲を広くさせることができるのです!

 

ポイント還元率は高いと嬉しいですが、上手く利用できなければ意味がないので、自分に合った交換先を選んでみてください。

 

 

 

実質年会費無料なので負担が少ない!

 

資金繰りに役立つだけでなく、ポイントが貯まりやすいときたら、気になるのが法人カードの年会費。
P-one Business Mastercardの基本情報を見返すと、これだけの性能を持ちながら2,000円ととてもリーズナブルな価格となっています!

 

しかし、P-one Business Mastercardの基本情報には、条件により無料という文字がありますよね?
これは、とある条件を満たすと、この法人カードの翌年会費が無料になるというものです。

 

その条件というは、P-one Business Mastercardを年に1回でも利用すればいいだけ!
そのため、実質年会費が無料の法人カードと言っても過言ではないので、P-one Business Mastercardを所持しても負担はほとんどありません。

 

また、年会費無料で持てるということは、P-one Business Mastercardのサービスを無料で受けられるということにもなります!
他サイトではあまり紹介されていませんが、実はこの法人カードには海外に行った際に嬉しい特典が備わっています。

 

その筆頭に挙がるのが、「キャッシュパスポート」という、日本円はもちろん、米ドルや英ポンドなど7通貨に対応したプリペイドカードの発行。
これに日本円を入金するだけで、対象ATMで現地通貨を引き出すことができ、加盟店であればキャッシュレスで決済できるため、日本円を持って行く必要がなくなります!

 

それに加え、海外で困った時に安心な電話受付サービスも付帯。
世界16ヵ国に対応しているだけでなく、日本語で相談できるので、この法人カードを持っていれば現地の言語がわからなくても電話1本で解決してくれます!

 

 

 

法人カードの魅力は多種多様

法人カード紹介:P-one Business Mastercard

 

以上、P-one Business Mastercardのご紹介でした!

 

キャッシング機能が優秀なだけでなく、年会費による負担も少ない、まさにスタートアップ企業にぴったりな法人カードですね。

 

今回は、P-one Business Mastercardについて解説させていただきましたが、法人カードはまだまだ多種多様にあります。
そんな法人カードをもっと見てみたいという方には、当サイト作成した比較ランキングをぜひお読みください。

 

年会費やポイントなど、様々な用途に合わせた法人カードのランキングを作成しているので、どうぞ併せてご覧ください。

 

比較ランキングはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP おすすめ ポイント マイル 年会費 審査