ビジネスカードを使って貯まったマイルは個人に付与されるのか解説

法人カード使って貯めたマイルは個人のものになるの?

 

ショッピングや航空券を購入した時などに貯められるマイル。

 

このマイルですが、法人カードで貯めた場合、個人に付与されるのでしょうか?

 

法人カードに限らず、マイルは基本的に個人への付与しか認めていません
しかし法人カードとなると、個人といえどお金を支払っているのは会社であるため、判断が難しくなります。

 

そこで今回は、法人カードで貯めたマイルが個人に付与されるのか解説。
法人カードが原因となるトラブルを起こさないためにも、しっかりと理解しておきましょう!

 

 

所有権は貯めた人にある、つまり個人のもの!

法人カードで貯めたマイルは個人のもの?

 

マイルの所有権は個人にあるのか確かめるため、航空会社の利用規約を見てみてると、マイルを貯められるのは個人のみとの記載が。
このことから、法人カードの場合、マイルは法人でなく使用した本人に所有権があると明確にわかります。

 

マイルを個人でなく法人に貯められる航空会社があるのか調査してみたところ、ごくわずかに存在するようです。
しかし、極めて稀なケースなので、基本的に法人に貯めることはできないと思っておきましょう。

 

法人カードで貯めたマイルが個人に所有権があるとわかったところで、それをプライベートで使っても良いのでしょうか?
この疑問について、マイルの所有権に続いて解説いたします。

 

 

プライベートに使ってもいいの?

 

法人カードで貯めたマイルをプライベートなことに使うことは、法律的に大きな問題はありません。

 

しかし、これは会社規則にマイルの使い道が記載されていない場合の話。
会社規則に明記されているにも関わらず、法人カードで貯めたマイルを個人的に使って良いという解釈をしてはいけません。

 

法人カードを従業員に渡す会社であれば、些細な部分でもしっかりと明記しているケースがほとんど。
恐らく、個人的にマイルを使ってよいか否かも明記されています。

 

そうとも知らず、法人カードで貯めたマイルを個人的に使ってしまうと、トラブルに発展することも。
場合によって罰則懲戒処分にも値するので、個人でのプライベート利用は控えた方が良いでしょう。

 

 

会社規則に明記しておくが吉

 

法人カードで貯めたマイルといえど会社のものでない、そして個人のものとなるとわかったと思います。
ただしこうもややこしいと、トラブルへの発展も視野に入れなくていけません。

 

そこで、トラブルを起こさないためにも、法人カードで貯めたマイルをどうすべきを会社規則に明記しておくと良いでしょう。

 

ただし、マイルが個人に貯まるということは変えられないため、使い道についてを明記すること。
貯めたマイルの個人的な利用は禁止し、次の出張で使うなどの旨が記載されていれば、経営者がマイルを独占してるのではという誤解も拭い払えるでしょう。

 

こういった対処法がある中、福利厚生やマイル管理の手間といった観点から、個人的な利用を許可している企業も。

 

確かに、法人カードで貯めたマイルの個人的な利用を許可することで生まれるメリットもあります。
しかし、社内で法人カードを持つ全ての従業員が同じマイルを得られていなければ、不満の声が挙がってもおかしくはなりません。

 

そういった不満を従業員に抱えさせないためにも、手間は掛かるといえど、会社規則にマイルの個人的な使用を禁止する旨を明記しておきましょう。

 

 

マイルを効率良く貯めるにはこちら!

 

法人カードで貯めたマイルは個人に貯まるが、プライベートでの使用は控えた方が良いということがわかったかと思います。

 

もし、マイルを個人的に使いたいという場合は、必ず経営者や担当者に確認を取るようにしましょう。
確認を取らずにマイルを個人的に使い、トラブルが起きてしまってからでは後戻りができませんよ。

 

こうはいっても、法人カードを正しく使っていれば、何の問題もなくマイルが貯められ、それを使うことで出張費の削減にも繋がります。
特に、マイル還元率が高い法人カードを選ぶことで、よりマイルが貯まりやすくなります!

 

そんなマイル還元率が高い法人カードを当サイトではランキング形式にてご紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

マイルランキングはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP おすすめ ポイント マイル 年会費 審査