電気代や水道代をビジネスカードで支払うことで生まれるメリット

公共料金を法人カードで払うメリットと注意点

 

主に電気・水道・ガスの使用料金を指す「公共料金」。

 

あなたはこの公共料金を、法人カードで支払っていますか?

 

法人カードで公共料金を支払うと、たくさんのメリットが得られます。
法人カードを上手に活用することで、経費を軽減できたり、管理を簡略化させたりすることも可能。

 

しかし、その際の注意点を知っておかなくては、あなたにとってデメリットに様変わりしてしまうかもしれません。

 

そこで当ページでは、法人カードで公共料金を払うメリットと、知っておくべき注意点をご紹介。
法人カードを最大限に活かすためにもぜひご覧ください!

 

 

公共料金をカード払いにするメリット

 

法人カードを使い公共料金を支払うメリットは複数ありますが、まずイメージしやすいのは公共料金の支払いにより、ポイントを貯めることができることではないでしょうか。

 

これは非常に大きなメリットで、公共料金の支払いにより貯まったポイントを備品の購入などに充てることが可能。
従来の支払いからポイントに還元することで経費削減をおこなうことができますね。

 

また、従来の経費処理をひとまとめにすることができ、簡略化がおこなえるというメリットも。

 

これまで自動引き落としや現金精算などで支払っていた公共料金を法人カードにすることで、経費が1枚に集約!
今まで嵩張ってしまっていた領収書などの必要書類が、格段に減るのではないでしょうか?

 

さらに、分かりやすいメリットとしては、公共料金の払い忘れや遅れがなくなります。

 

特に、現金で支払っている方は、仕事の忙しさなどからなかなか時間を作れず、公共料金を払い忘れてしまったことがあるのでは?
ですが、公共料金をカード払いにすれば忘れるようなことが無くなるので、ちょっとしたトラブルの回避にもなります!

 

ただし、公共料金の支払いではポイントが貯まらない法人カードも一部存在します。
そのため、既に自分が検討している法人カードがある場合は、事前確認を怠らないようにしましょう。

 

 

法人カードの支払いの際に知っておくべき注意点

 

公共料金を法人カードで支払う際に、最も気を付けなければならないことは、法人カードがストップしてしまうこと。

 

このような事態は、絶対に避けなければなりません。
なぜなら、法人カードが使えなくなると、それに続いて公共料金の支払いもできなくなってしまうから。

 

法人カードが止まってしまう場合に特に多いのは、利用限度額を超えてしまうケースです。
法人カードには必ず利用限度額が設けられており、それ以上の額を利用することはできません。

 

公共料金ももちろんその利用限度額の中に含まれるため、支払いが多い月では法人カードが使えなくなってしまい、「自動で引き落とされていなかった」なんてことにもなり兼ねません。

 

それに気付かずにいた場合、電気や水道が止まってしまい、仕事ができないなんてことにもなりかねないので要注意です!

 

 

申し込み方法は基本的に2通り

 

法人カードで公共料金を支払うためには、申し込みが必須です。
クレジットカード同様、申し込みはWeb上から簡単に可能。
使用している電気会社や水道会社によって変わってくるので、まずはホームページを見てみると良いでしょう!

 

また、Web上で手続きを行うのとでは、少し時間を要するとは思いますが、支払先変更届などによる郵送手続きを取ることも可能です。

 

しかし、いざ申し込みをしようとしても、カード払いに対応していない会社も存在します。
特に、水道会社は各自治体が管理しているので、そのケースも考えられなくはありません。

 

そういった場合は、法人口座からの引き落としにするなどして対処しましょう。

 

 

ポイントの貯めやすさでランク付け!

 

以上、法人カードで公共料金を支払うメリットと知っておくべき注意点の解説でした!

 

今回ご紹介した注意点をしっかりと理解しておけば、メリットばかりが得られるので、この機会に公共料金の支払い方法を変更してみてはいかがでしょうか?

 

公共料金をカード払いにする1番のメリットはポイントの貯めやすさですが、それをさらに活かせるのがポイントを貯めやすい法人カードです。
そんなポイントを貯めやすい法人カードを、当サイトではランク付けしてご紹介しているのでぜひご覧ください!

 

ポイント還元率ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP おすすめ ポイント マイル 年会費 審査