ビジネスカードを社員に持たせるならこの1枚がおすすめです!

従業員に持たせるおすすめの法人カード!

 

会社の規模が大きくなり、従業員が増えてくると法人カードが欲しくなりませんか?

 

従業員に法人カードを渡すと、経費の立替が楽になったり、ポイントを貯められたりと、たくさんのメリットが存在します。

 

しかしその反面、注意しなければならないことも。
良いことばかりを考えて法人カードを渡してしまうと、思わぬトラブルへの発展にも繋がりかねません。

 

そこで、法人カードを従業員に渡すメリットと注意点をご紹介。
最後には、従業員用のおすすめ法人カードもご紹介するので、ぜひご覧ください!

 

 

従業員に渡すには2つの方法から選択可能

 

従業員に法人カードを渡す方法は主に2通りになります。
ここでは各パターンごとに、その方法とメリットについてご紹介します。

 

 

新たに発行する

 

こちらは、従業員に渡すために新しく法人カードを作成する方法。
経営者の方が法人カードを持っていてもいなくても、従業員に渡せることが1つの特徴です。

 

またもし、経営者の方が法人カードを持っていた場合でも、異なる性能のものを新しく従業員に発行することで、今までにはないサービスを利用できるのも魅力。
利用場面に応じて、それに適した法人カードを使えば、今までよりもさらにお得に活用することができます!

 

ただし、従業員に法人カードを渡すと、管理が多少大変になるという弱みもあります。

 

特に大変になるのは、法人カードで貯められるポイント。
ポイントは1枚に集約されるわけではなく、それぞれの法人カードに貯まります。

 

そのため、経営者と従業員用どちらの法人カードにポイントがいくら貯まっているか把握しづらくなります
そうなると、有効期限が過ぎてポイントが無くなってしまうなんてことも。

 

そのため運用上の負荷がすこし大きくなりますが、しっかりと管理・使い分けをすることで、さらに法人カードをお得に使えることでしょう!

 

 

追加カードを発行する

 

こちらは、経営者の方が法人カードを持っており、且つそれが追加カードを発行できる場合のみの作成方法です。

 

追加カードとは、従業員用に法人カードを追加で発行できるカードです。
機能や引き落とし先なども変わらず、変わるのはカード番号と名義人のみ。

 

クレジットカードでいう家族カードのようなものです。

 

基本的には、法人カードに付帯していた保険やサービスなども利用可能。
ポイントなどはおおもとの法人カードにまとめられるので、管理もそこまで手間が掛かりません

 

しかも、法人カードを新たに発行するわけではないので審査の必要がないことも大きなメリット!
書類などの準備もそこまで大変でないため、比較的早い期間で従業員用の法人カードが発行できます。

 

一般的な法人カードであれば、追加カードの年会費の方が安いので、従業員用を低コストに抑えたい方にもおすすめです!

 

 

法人カードを渡すことによるメリット

 

それでは、従業員に法人カードを渡すことによって、一体どんなメリットがあるのかご説明します!

 

まず1番大きなメリットとしては、従業員の方が現金で支払っていた交通費や飲食代を、法人カード1枚にまとめられること。
恐らくこのメリットが、従業員に法人カードを渡そうと思う方の大半を占める理由なのではないでしょうか?

 

特に、毎日色々な取引先に出向く営業マンのような従業員であれば、現金による交通費の立替は手間に感じるはず。
その手間が、法人カードを渡せば1枚に精算がまとまり、従業員への立替の必要もなくなります

 

これにより経費管理が楽になるので、従業員も経営者もお互いにいいこと尽くしです!

 

さらに、今まで従業員が現金で支払っていたものが法人カードになるので、ポイントを貯める早さが加速するというメリットも。
このポイントを会社に必要な備品と交換すれば、経費削減もできます!

 

つまり、従業員に法人カードを渡すことで、経費管理が楽になるだけでなく、経費削減にも繋がって一石二鳥なのです!

 

 

渡す時に注意しなければならないこと

 

従業員に法人カードを渡すのは、経費管理の簡略化もでき複数のメリットがあるとわかりました。
しかし、それしか考えず従業員に法人カードを渡してしまうと、予想外のトラブルが起こってしまうことも。

 

そうならぬよう、従業員に法人カードを渡す時の注意点をご説明します。

 

 

ポイントなどを勝手に使われないように注意!

 

先程ご紹介したように、従業員に法人カードを渡せば、ポイントを貯める速さが加速します。
しかし、そのポイントを従業員が無断使用することも考えられます。

 

実は、法人カードの名義人であれば、貯めたポイントを使うことは従業員であっても問題ではありません。
そのため、渡す側である経営者がそれを抑制しない限り、従業員が無断でポイントを使ってしまう可能性も。

 

もし、従業員のポイント使用を抑制したい場合はどうすれば良いのでしょうか?
それは、会社規則にその旨を明記しておくこと。

 

こうすることで、法人カードのポイントを従業員が無断で使ってしまう心配は無くなります。
懲戒処分などその後の処置に関しても明記しておくと、より効果的になるのではないでしょうか。

 

ただしこの問題は、追加カードであれば気にすることはありません
なぜなら、追加カードにはポイントが貯まらず、おおもとの法人カード1枚に集約されるからです。

 

ですから、法人カードのポイントを経営者が使用したい場合は、従業員に渡すのは追加カードにしておきましょう!

 

 

プライベートで使われないように注意!

 

従業員に法人カードを渡すと、恐らく常日頃持ち歩くようになると思います。
つまり、従業員が業務外でも法人カードを使える状態にあるということです。

 

そこで注意しなければならないのが、従業員の個人的な買い物に法人カードを使われないかということ。
従業員を信頼するのは大事ですが、万が一のことが起きてからでは取り返しがつきません。

 

では、どのようにして対策を講じるかと言うと、領収書の提出の義務付けです。

 

領収書には、いつどこで誰が何にいくら使ったかなど、詳細に記載されています。
そのため、従業員が業務外で法人カードを使ったとしても、それを見つけ出すのは難しいことではないでしょう。

 

できれば、領収書でなく、レシート共に貰える緑やピンク色の「クレジット売上票」にすることをおすすめします。
なぜなら、クレジット売上票は法人カードの経費処理の際、証明材料の1つとなるから。

 

実は、領収書は経費処理において、法人カードで精算を行ったという確かな証明としては認められません。
ですから、クレジット売上票の提出を義務付けることで、一石二鳥のメリットがあるのです!

 

 

用途や役職を考慮して渡すべき!

 

それでは最後に、従業員用のおすすめ法人カードをご紹介しようと思います。
しかし、おすすめの法人カードは、用途や渡す方の役職によって変わってきます。

 

ですから、今からご紹介する3枚の法人カードを比較し、あなたが求めていた1枚をお選びください。

 

 

追加カード発行上限なし!JCB一般法人カード

 

1枚目にご紹介する従業員用のおすすめ法人カードは、「JCB一般法人カード」。
JCB一般法人カードは、追加カード発行上限枚数がないため、多くの従業員に法人カードを渡したい方におすすめです!

 

法人カードで発行できる追加カードには、基本的に発行枚数に上限が設けられています。

 

しかし、JCB一般法人カードにはそれがないので、何枚でも発行することが可能!
しかも、年会費が1,250円と低コストなので、大きな負担となることはないと思います。

 

それでいて、JCB一般法人カードは、年会費1,250円とは思えぬほど保険が充実しています。

 

なんと旅行傷害保険が国内外最高300万円、ショッピング保険が最高100万円も付帯!
経営者のみならず、従業員までも守ってくれる頼りになる法人カードです。

 

たくさんの従業員を抱える方は、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか?

 

JCB一般法人カードの詳細

 

 

優秀なコストパフォーマンス!オリコExGold

 

次にご紹介するのは、「オリコExGold」です。
この法人カードは、低コストでいてポイントが貯めやすいことが魅力です!

 

オリコExGoldのポイント還元率はなんと最大1.1%
法人カードでは高還元率と言われる1.0%を超える還元率を持っているので、ポイントをさくさく貯められます。

 

経営者や従業員の利用で貯めたポイントを消耗品などと交換すれば、経費を削減にも繋げられます。

 

それでいて、年会費がたったの2,000円
法人カードの年会費に悩む方でも、年間で2,000円で経費管理が簡略化され、ポイントを利用すれば年会費以上の利益を生むかもしれないと思うと、気持ちも動くのではないでしょか?

 

そんなオリコExGoldは、従業員用に追加カード3枚まで発行可能。
そのため、数人の従業員に低価格な年会費の法人カードを渡したい方にとって、オリコExGoldは相性がとても良いのです!

 

オリコExGoldの詳細

 

 

高ステータス良サービス!セゾンプラチナ

 

最後にご紹介するのは、抜群のステータス性と充実したサービスを兼ね備えた「セゾンプラチナ」。
この法人カードは、役員クラスの従業員に最適な1枚です。

 

セゾンプラチナをおすすめする理由の筆頭に挙がるのが、業界最高水準のマイル還元率
法人カードNo.1の、JALマイル還元率1.125%という数値のため、マイルの貯めやすさでセゾンプラチを抜くものは他にありません。

 

さらに、最高ランクの空港ラウンジへの入場資格が得られたり、最高1億円の旅行傷害保険が付帯されていたりと、海外への出張が多い従業員に嬉しいサービスが満載!
他にも24時間365日対応のコンシェルジュサービスや最高300万円のショッピング保険も付帯されています。

 

そんなセゾンプラチナの年会費は20,000円とプラチナランクとしては低価格。
しかも、年間200万円以上利用した場合、翌年会費が半額の10,000円になってしまう特典付きです!

 

気になる追加カード4枚まで発行可能で、年会費はなんと3,000円
そのため、経営者と従業員4人で年間200万円以上の利用があれば、年間22,000円と格安で利用できる法人カードなのです!

 

ステータス性も抜群でありながら、付帯サービスも非常に充実し、さらに年会費も安いとなれば、会社を支える法人カードにもなり得るのではないでしょうか!

 

セゾンプラチナの詳細


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP おすすめ ポイント マイル 年会費 審査