ビジネスカードの申し込みで本人か確かめる書類とは?

法人カードにおける本人確認書類とは?

 

法人カードでは、どんな書類で本人確認ができるか知っていますか?

 

法人カードの申し込みの際には、個人情報を入力します。
そして、その後おこなわれる審査において、入力情報の真偽を問うために本人確認書類が必要不可欠

 

この審査に通らなければ、法人カードは発行されません
そのため、本人確認書類は、審査においてとても重要になってくるのです!

 

そこで今回、法人カードで有効となる本人確認書類について解説。
間違った書類を送ってしまい、審査に落ちてしまわぬよう、事前に知識をつけておきましょう!

 

 

該当する本人確認書類は様々!

 

法人カードで有効となる本人確認書類は、以下のものになります。

 

  • 運転免許証(運転経歴証明書も可)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 在留カード(特別永住者証明書など)

 

これらの書類は、法人カードでは本人確認書類としてみなされます。
その逆に、この本人確認書類を準備できなければ、審査を通過するのは難しいと思います。

 

しかし、中には上記の本人確認書類を用意できない方もいると思います。

 

そんな方でも、保険証があれば審査を受けることも可能。
ただし保険証の場合、以下の書類から1点選びプラスで提出しなければいけません。

 

  • 電力会社など公共料金の領収書
  • 社会保険料の領収書
  • 地方税や国税の領収書(納税証明書も可)

 

提出する本人確認書類が多くなりますが、法人カードの審査を通過するためにも、必ず揃えておきましょう。

 

また法人代表者の場合、本人確認書類に加えて登記簿謄本などを提出することがほとんどなので、審査に必要な書類を確認しておいてくださいね!

 

 

発行会社から送られてくる完了メールとは?

 

法人カードを申し込み、本人確認書類を返送すると、発行会社で審査がおこなわれます。
そして、数日後に本人確認完了メールが届きます。

 

これは、全ての審査を通過したことの報告ではなく、入力情報と本人確認書類の情報に相違がありませんでしたよという旨のメールです。

 

とはいえ、この本人確認完了メールが送られてくれば、仮審査に通ったようなもの。
基本的には審査を通過したと思っても良いでしょう。

 

しかし、もちろん全ての審査が終わった訳ではありません。
まだ審査がおこなわれている最中、発行会社の信用を損なうようなことをすれば、法人カードが発行されないことも。

 

ですから、本人確認完了メールが来ても、慢心することなく、支払い料金や経営状況の管理はしっかりとおこないましょう!

 

 

提出物が少なければ審査に通りやすい?

 

法人カードを申し込む際、提出書類が少ないほど、審査が通りやすいのではないかと推測できます。
なぜなら、審査で見られる企業情報が少なくなるから。

 

一般的な法人カードであれば、企業情報と個人情報の審査基準を満たさなければ通らないと言われてします。
しかし、提出書類が少なければ、審査するのは個人情報とちょっとした企業情報だけなので、自分にとって不利な情報を明かさずに済みます

 

このようなことから、提出書類が少ない法人カードは、審査が通りやすいと推測できます。

 

そんな提出書類が少ない法人カードの中でも、おすすめは「セゾンプラチナ」。
提出するのは本人確認書類のみであるため、この法人カードは審査が通りやすいと思われます。

 

しかもこの法人カード、ネット上での審査に関する口コミを調査してみると、通りやすいとの声がほとんど!
法人カードを実際に手に取った方々の意見なので、とても有力な情報源となります。

 

プラチナランクの法人カードと言われると、審査が厳しいイメージがあるかもしれませんが、セゾンプラチナはそれを覆す可能性を大いに秘めているのです!

 

もし、この法人カードについてもっと知りたい方は、当サイトの紹介ページを見てみては?
そこでは、セゾンプラチナに付帯した、プラチナランクならではの充実したサービスを詳しくご紹介しています。

 

セゾンプラチナの詳細


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP おすすめ ポイント マイル 年会費 審査