信用情報機関に事故情報が登録されていてもビジネスカードは作れる?

法人カードの発行はブラックリストでもできる?

 

支払いに幾度かの遅れが生じることで登録される「ブラックリスト」。

 

そのブラックリストに登録されている方でも、法人カードは発行できるのでしょうか?

 

法人カードを発行するうえで、審査は必ず通らなければならない道ですね。
イメージとは違うかもしれませんが、法人カードの審査において、個人情報は企業情報よりも重要視されています。

 

ということは、ブラックリストの方は、法人カードの審査に通らないなんて可能性も考えられるわけです。

 

そんなブラックリストの方の法人カード発行について、当ページにて徹底的に解説!
まず始めに、ブラックリストとは一体何かをご説明いたします。

 

 

そもそもブラックリストとは何か

 

ブラックリストとは、信用情報機関に登録された事故情報の記録のこと。
信用情報機関とは、信用情報を提供・管理する機関のことで、事故情報とは支払いの延滞などの記録のことを指します。

 

基本的にクレジットカードの請求などをしっかりと支払っていればブラックリストになることはまずあり得ません
しかし、支払いの遅延を始め、自己破産や民事再生といった債務整理を行った際に登録されてしまいます。

 

ブラックリストの方は、カード審査で不利になったりローンが組めなくなったりと様々なデメリットが。
そのため、請求のあるものは必ず期限内に支払う、それが無理であれば一報入れるなどの対応をしなくてはなりません。

 

そんなブラックリストですが、1度でも登録されてしまったら削除できないのでしょうか?

 

ご安心ください!ブラックリストの記録は削除することは可能です。
ではどうすれば良いのかをご紹介させていただきます。

 

 

どうすれば登録された情報は無くなるの?

 

ブラックリストの記録は、月日の経過により信用情報機関から削除されます。

 

基本的にブラックリストの記録の削除には、最低でも5年が必要。
長いケースでは、10年ほど掛かる場合もあります。

 

ただし、これはあくまで返済してからの話。
借金などを完済していなければ、ブラックリストの記録は現状維持のままになってしまいます。

 

そのため結論として、ブラックリストの記録を削除する方法は、月日の経過を待つ以外にありません。

 

ブラックリストから記録を削除するのが如何に大変なことはおわかりいただけましたでしょうか?

 

それでは最後に、法人カードの発行はブラックリストの方でもできるのか見てみましょう!

 

 

法人カードを発行できる望みは薄い

 

残念ながらブラックリストのままでは、法人カードの審査に通る可能性はとても低いです。

 

法人カードの審査では、企業情報が重視されると思われがちですが、実際は企業情報よりも個人情報の方がしっかりと審査されます。

 

そのため、法人カードの発行をブラックリストの方がするのは、極めて困難といってもおかしくないでしょう。
しかし、100%法人カードを作成できないわけではありません。

 

当サイトが口コミを調査してみると、なんとブラックリストの方が法人カードを発行できたとの声が!
どうやら審査が甘いと言われる法人カードに申し込んでみたところ、作成できたとのことです。

 

つまり、断言はできませんが、審査が甘いと言われる法人カードに申し込むことで、ブラックリストの方でも審査に通過する可能性が。
ブラックリストの方は、審査が甘いと言われる法人カードをぜひ検討してみてください!

 

 

当サイトでは審査の通りやすさでランク付け!

 

以上が、ブラックリストと法人カードについての解説となります!

 

ブラックリストの方からすれば、可能性は低いと言えど、法人カードを発行できる可能性があるという事実は嬉しいですね。

 

ただし、それを実現するには、本当に審査が甘いと思われる法人カードを見つけなくてはなりません。

 

そこで見ていただきたいのが、当サイトが作成した法人カード審査ランキング!
こちらでは、たくさんの法人カードを比較し、審査が甘いと思われるものをランク付けしてご紹介しているので、ぜひご覧ください!

 

審査ランキングはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP おすすめ ポイント マイル 年会費 審査