ビジネスカードのパスワードの確認方法やロック解除方法をご紹介

法人カードの暗証番号を忘れてしまった時の対処法

 

法人カードのカギともいえる「暗証番号」。

 

それを忘れてしまったり、複数回入力したことで法人カードにロックが掛かってしまったりした場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

実は、暗証番号を忘れた時やロックを解除する方法は、法人カードの発行会社によってそこまで変わりません。
つまり、これを理解しておけば、どの法人カードを所持していても万が一の時、柔軟に対応できるという訳です!

 

そんな法人カードの暗証番号について、当ページでは詳しく解説。
暗証番号の確認方法から、忘れてしまった場合や法人カードにロックが掛かってしまった場合の対処法まで記載しているので、ぜひご覧ください!

 

 

電話の他にもネットでも確認ができる

 

法人カードの暗証番号を確認する方法はいたって簡単。
券面裏の電話番号に連絡し、暗証番号がわからなくなってしまった旨を伝えれば、すぐにわかることでしょう。

 

ただし、法人カードの名義人の個人情報で本人確認を行うため、登録した情報を予め把握しておく必要があります。
もちろん、本人でなくては暗証番号を確認できないので、注意してください!

 

しかし、コールセンターが平日の日中しか対応しておらず、その時間帯に電話をできない方もいるかと思います。

 

そんな方にもおすすめなのが、インターネットにて暗証番号を照会する方法。
やり方は、あなたの所持している法人カードの発行会社が運営するWebサイトに行き、登録情報を基にログインするだけです。

 

中にはネット上ですぐに暗証番号を確認できるカードもありますが、基本的には法人カードの不正利用を防ぐということもあり、ネット上で暗証番号を見ることは難しくなっています。

 

そのため、そのWebサイト上から、法人カードの暗証番号が記載された「暗証番号通知書」の郵送を申し込む必要があります。

 

暗証番号通知書の到着には約1〜2週間掛かりますが、平日の日中に電話をすることができない方は、この方法で法人カードの暗証番号を確認することが可能です!

 

 

暗証番号を忘れてしまった場合の対処法

 

もし、「暗証番号をお願いします」と言われた時に、法人カードの暗証番号を忘れてしまった場合はどうすべきでしょうか?
その場合の対処法としては、本人確認を暗証番号でなくサインにしてもらうことです。

 

実は、本人確認を暗証番号の代わりにサインで証明することが可能。
そのため、暗証番号を忘れてしまっても、法人カードを使えなくなるのかというとそういう訳ではありません。

 

ただし、この方法はあくまで店頭で法人カードを使う場合のみの話。
万が一ネットショッピングなどサインに対応していないところで暗証番号を求められた場合には、入力するほかありません。

 

ですから、法人カードを使ううえで、暗証番号は必ず事前に確認しておきましょう。

 

 

ロックが掛かってしまったらどうすれば?

 

店頭で暗証番号を入力を複数回間違うと、法人カードがロックされて使えなくなってしまいます。

 

このロックを解除する方法は、法人カードの発行会社に連絡するのみ。
暗証番号を確認する方法と同様に、法人カードの券面裏の電話番号に連絡します。

 

法人カードの名義人がすぐにロックを解除できればと思うかもしれませんが、それができてしまうと不正利用のリスクが伴います。
そのため、手間は掛かりますがセキュリティ上、発行会社に依頼する他ありません。

 

また、法人カードがロックされてしまった場合、その対応を速やかに行いましょう。

 

なぜなら、法人カードがロックされると自動で行われている引き落としが滞るため。
これには公共料金の支払いなども含まれているので、放っておくと電気や水道などが止まるなんてことにもなりかねません!

 

そんなことにならぬよう、法人カードがロックされてしまった場合には、名義人がすぐにでも発行会社に連絡し、解除手続きを行いましょう。

 

 

第三者が察しにくい番号を登録すること

 

法人カードに限らず、暗証番号は第三者に知られてはいけないもの。
そのため、推測されやすい暗証番号を登録してはいけません

 

そこで法人カードでは、それらの暗証番号が登録できないようにしているものがほとんど。
数字の羅列や名義人の生年月日などは、推測されやすいので基本的に登録できません。

 

安全で且つ覚えやすい暗証番号としては、家族の誕生日や記念日が良いでしょう。
これであれば、そう簡単に第三者に知られるようなことはないと思います。

 

法人カードを持つ以上、不正利用には特に気を付けなければならないので、未然に防げるようなものにはしっかりと予防線を張っておきましょう。

 

 

様々なアクシデントに対応できる法人カードをご紹介

 

以上、法人カードの暗証番号について解説でした!

 

法人カードの暗証番号がわからない、暗証番号を何回か間違てしまった場合には様々な手続きが必要だということが分かりました。

 

そこで、このようなアクシデントに柔軟に対応できる法人カードがあれば、知りたくはありませんか?
実はその法人カードは、「セゾンプラチナ・アメックス」です。

 

この法人カードには、24時間365日様々なアクシデントに対応してくれる「プラチナコンシェルジュサービス」が利用可能。
そのため、コールセンターの営業時間に左右されることはありません!

 

それだけでなく、セゾンプラチナには手厚い保険や最高級の空港ラウンジの入場資格など、非常に充実サービスが付帯しています。
ぜひセゾンプラチナについてもっと知りたい方は、当サイトが詳しく紹介しているページがあるので、確認してみてください!

 

セゾンプラチナの詳細


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP おすすめ ポイント マイル 年会費 審査